McAfee MVISION EDR

脅威検知機能を強化、迅速な調査と対応をサポート

MVISION EDR では、人工知能(AI)を活用して調査と自動化を行うため、経験の浅いアナリストでも分析作業を行うことができます。また、熟練のアナリストは脅威ハンティングなどにより多くの時間を割き、インシデント対応の時間を短縮できます。したがって、どのスキルレベルのアナリストでもアラートの意味を理解し、調査と対応を迅速に行うことができます。これにより、脅威の検出から対応までの時間を短縮できます。

攻撃者は巧妙な手口で攻撃の隠蔽を試みます。たとえば、環境内で最も信頼されているコンポーネントに潜入し、攻撃を仕掛けてきます。
マルウェアのような明確な痕跡を残さない場合もありますが、その挙動を追跡することで攻撃の検知は可能です。挙動を継続的に監視し、データを収集するエンドポイント検出/ 対応(EDR)を使用すると、脅威の検知と対応に必要な可視性とコンテキスト情報を取得できます。しかし、現状では、生成される情報量が多すぎるため、セキュリティ チームの負担をかえって増やす結果になっています。McAfee® MVISION EDR は、このような状況を解消するソリューションです。
大量に発生するアラートを容易に管理し、アナリストのスキルレベルに関わらず、より効率的かつ効果的に調査を行うことができます。

McAfee MVISION EDRに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

メールでのお問い合わせ
mfe-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。