重要なお知らせ



2021年3月12日:Lychee Redmine「Internet Explorer 11 サポート終了」のお知らせ

Lychee Redmineは、2021年8月31日(火)をもって、 Internet Explorer 11(以下 IE11)のサポート終了を予定しております。
2021年9月1日(水)以降にご提供する Lychee Redmineの各プラグインの 新バージョンでは、IE11での閲覧や動作に支障が生じる場合がありますのでご注意をお願いいたします。

IE11をご利用中のお客さまにおかれましては、
下記、推奨ブラウザへの切り替えとLychee Redmineご利用者の皆様への ご案内をよろしくお願いいたします。
 -------------------------
 <推奨ブラウザ>
 ・ Google Chrome
 ・ Chromium版 Edge
 -------------------------

今回のIE11サポート終了に関し、必要に応じて個別のオンライン会議でのご相談の場を設けさせていただきます。
ご相談を希望される方、また、本件に関してご不明点がございましたら、 弊社担当営業または、Lychee Redmineカスタマーセンターにご相談ください。
お問い合わせ先はこちら>>Lychee Redmineカスタマーセンター(テクマトリックス)

>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)


2021年3月12日:新パッケージプラン「Lychee製造管理」リリースのお知らせ

Lychee 製造管理パックをリリースしました。
製品管理パッケージプランは、「機械」と「人」の空き状況や負荷状況を同時に確認することができます。
詳細につきましては、弊社担当営業または、Lychee Redmineカスタマーセンターにご相談ください。
お問い合わせ先はこちら>>Lychee Redmineカスタマーセンター(テクマトリックス)

>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)


2020年12月22日:Lychee Redmine製品のプラン変更について

2021年1月1日より、Lychee Redmine プラグインの提供単位が変更となります。
主な変更点は下記の通りです。

●プラグインについて
 変更前→プラグインを自由に組み合わせ可能
 変更後→基本プラン(割安プラン)+オプション選択を行う形式
 ※スタンダードプラン・プレミアムプラン(割安プラン)のどちらかを選択
 ※プランに含まれていないプラグインは、オプションとして選択可能

●ユーザー数について
 変更前→プラグインごとにユーザー数の変更が可能
 変更後→オプションのユーザー数は、基本プランのユーザー数と同数契約が必要

その他、プラン内容、オプション内容、機能詳細は下記URLをご確認ください。
エンタープライズプランに関心のある場合は別途ご連絡ください。
>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)


2020年12月10日:プロジェクトレポート機能の大幅リニューアル予定について

2021年1月に、プロジェクトレポート機能の大幅リニューアルを予定しております。
主に、個別レポート画面の利便性・操作性の向上を目的としており、 既存のものから画面レイアウト・操作方法が変更された部分も多くあるため、 事前に変更点をご案内しております。
>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)


2020年10月7日:Redmine3.3系サポート終了のお知らせ

2020年9月30日を持ちまして、Redmine3.3の対応を終了いたしました。
Redmine3.3をご使用中のお客様はお早めにバージョンアップをご計画ください。

【2020年10月以降のサポート対象】
 Redmine3.4〜4.1

2020年7月2日:新プラグイン「LycheeCCPM」リリースのお知らせ

Lychee CCPMプラグインをリリースしました。
本プラグインをインストールすることで、スケジュールのバッファ管理が簡単になります。
>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)


2020年4月8日:Redmine4.1対応バージョンのリリースのお知らせ

2020年4月8日にRedmine4.1対応にしたバージョンをリリースしました。
Redmine4.1とLychee Redmineの組み合わせで正常に動作いたします。
>>※チケットボードからカンバンにアップデートする際は、手順が通常と異なるためこちらをご確認ください。

2020年2月5日:Lychee RedmineのRedmine4.1への対応予定について

2019年12月20日にRedmine4.1がリリースされました。
Lychee Redmineにつきましては、2020年3月末頃にRedmine4.1対応の予定となっています。
なお、現時点ではRedmine4.1とLychee Redmineの組合せは正常に動作いたしません。
Redmine4.1へのバージョンアップは、弊社Lychee Redmineの対応が整うまで、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

2020年3月3日をもちましてRedmine3.2への対応を終了いたします。
Redmine3.2をご使用中のお客様はお早めにバージョンアップをご計画ください。


2020年2月5日:新プラグイン「LycheeSAML認証」リリースのお知らせ

Lychee SAML認証プラグインをリリースしました。
本プラグインをインストールすることで、シングルサインオンを利用し、他のサービスのログイン情報でLychee Redmineへログインができるようになります。
多数のアカウント情報をひとつにまとめることができるため、アカウント管理が楽になります。
>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)


2019年12月11日:新プラグイン「Lycheeコスト」リリースのお知らせ

プロジェクトの収支を見える化するプラグイン、「Lycheeコスト」がリリースしました。
本プラグインをインストールすることで、プロジェクトの収支状況をリアルタイムで確認することができます。
>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)


2019年11月08日:プラグインの名称を「Lycheeチケットボード」から「Lycheeカンバン」に変更しました

2019年11月08日リリースより、プラグイン名から機能を想像しやすくするため、プラグインの名称を「Lycheeチケットボード」から「Lycheeカンバン」に変更しました。
名称の変更により、チケットボードからカンバンにアップデートする際の手順が通常と異なりますのでご案内いたします。


2019年10月24日:Lychee Redmineの提供価格およびライセンス体系改定が変更になりました

2019年10月1日より、Lychee Redmineのスケジュール管理プラグインと、プロジェクトレポートプラグインのライセンス提供価格を改定いたしますので、お知らせいたします。
この度、お客様への利便性を考え、プラグイン機能のセット内容を一部変更いたしました。それに伴い、価格が一部変更となります。
・Lycheeベーシックに含まれていた「プロジェクトテンプレート」プラグイン及び、「アクチュアルデイト」プラグインがLycheeスケジュール管理のセットに変更になります。
>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)


2019年6月28日:Lycheeベーシックに新しいプラグインが追加のお知らせ

今回からLycheeベーシックに以下の機能が追加されました。
・Lycheeベーシック(プロフィールアイコン)をリリースしました。
本プラグインをインストールすることで、Gravatarサービスを利用しなくてもRedmine内でユーザーのアイコンが設定できるようになります。
Gravatarと同様に、設定されたアイコンはチケット画面/ガントチャート/かんばん/バックログ画面で表示され、担当者が視覚的に識別しやすくなります。
また、優先順別かんばんやバックログでは、アイコンのドラッグ&ドロップ操作で簡単に担当者の割り当てができます。
>>詳細はこちら(Lychee Redmine特設サイトにジャンプします)


2019年5月24日:スケジュール管理プラグイン、プロジェクトレポートプラグインの価格改定について(実施時期:2019年10月1日より)

2019年10月1日より、Lychee Redmineのスケジュール管理プラグインと、プロジェクトレポートプラグインのライセンス提供価格を改定いたしますので、お知らせいたします。
価格の変更内容につきましては、アジャイルウェアのサイトをご確認お願い致します。
>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)
お見積のご依頼や本案内の不明な点につきましては、テクマトリックス(株) Lychee Redmineカスタマーセンターにご連絡ください。


2019年5月10日:Lycheeアイコンの変更について

2019年5月リリースより、Lycheeアイコンが変更になった影響でAgilewareライセンスマネージャープラグインを更新しました。 今回のアップデートを適用される場合は必ず差し替えをお願いいたします。


2019年4月1日:Lychee Redmineタイムドライセンス価格改定について

2019年4月1日より、アジャイルウェアにてLychee Redmineのタイムドライセンスの提供価格を改定いたしますので、お知らせいたします。
タイムドライセンス価格の変更内容につきましては、アジャイルウェアのサイトをご確認お願いいいたします。
>>詳細はこちら(開発元のサイトにジャンプします)
お見積のご依頼や本案内の不明な点につきましては、テクマトリックス(株) Lychee Redmineカスタマーセンターにご連絡ください。


2018年9月20日:Lycheeガントチャートの表示条件変更について

2018年10月リリースより、Lycheeスケジュール管理のLycheeガントチャートの表示される条件が変更となります。
お客様の運用方法によっては、運用に影響が出る場合がございますので、変更内容のご確認をお願いいいたします。
変更内容は>>こちら(開発元のサイトにジャンプします)
お見積のご依頼や本案内の不明な点につきましては、テクマトリックス(株) Lychee Redmineカスタマーセンターにご連絡ください。


2018年8月31日:Redmine3.0〜3.1 及び Ruby2.0のサポート終了のお知らせ

2018年8月31日を持ちまして、Redmine3.0〜3.1 及び Ruby2.0のサポートを終了いたしました。

【サポート終了日】
 2018年 8月31日
【サポート終了対象バージョン】
 Redmine 3.0.x
 Redmine 3.1.x
 Ruby 2.0.x
今後Lychee Redmineでは、Redmine本体が公式にサポートしているバージョンをサポート対象といたします。
また、Redmine本体でサポート対象外となったバージョンに関しては、Lychee RedmineプラグインがRedmineの新しいバージョンに対応した後、 1年間を限度としてサポートを継続いたします。


2018年3月1日:Lychee Redmine提供価格およびライセンス販売体系改定のお知らせ

2018年3月1日より 開発元のアジャイルウェアにてLychee Redmineの提供価格およびライセンス販売体系を改定いたしましたので、お知らせいたします。

ライセンス販売体系の変更について

【10ユーザー単位での購入が可能に】

プロジェクト規模により柔軟に対応できるように10ユーザー単位で ライセンスの購入・追加ができるようになりました。
既存のライセンスは自動的に新体系のユーザー数に引き継がれます。
(1の位が"5"のユーザー数のライセンスをお持ちのお客様は1の位で四捨五入した数字が新体系におけるユーザー数となります。)


【必須プラグイン Lycheeベーシックを追加】

LycheeベーシックがLychee Redmineご購入すべてのお客様において、必須のプラグインとなります。
Lychee Redmineを購入済みのお客様には、購入済みライセンスの最大数を無償提供させていただきます。

Lycheeベーシックとは以下の3つの観点において追加されるプラグインのセットです。

  • Redmine標準機能を少し便利にするプラグイン(Lychee Easy Assigned User)
  • Lychee Redmineの連携に必要なプラグイン(Agilewareライセンスマネージャー、Lychee営業日)
  • 少し便利になるLychee Redmineプラグイン(Lycheeプロジェクトビュー、Lycheeプロジェクトテンプレートなど)
【Lycheeスケジュール管理】

LycheeガントチャートPro・チケットボード・チケットセットのプラグインの セットです。
Lycheeガントチャート、LycheeガントチャートPro、Lycheeチケットボード、Lycheeチケットセットのいずれかを購入済みのお客様は、Lycheeスケジュール管理のすべての機能をご利用いただけます。
Lycheeガントチャートは提供終了となります。


【Lychee工数リソース管理】

Lycheeタイムマネジメント・リソースマネジメントのプラグインのセットです。
Lycheeタイムマネジメント、Lycheeリソースマネジメントのいずれかを購入済みのお客様は2つの機能をご利用いただけます。


購入済みライセンスの新ライセンス体系の移行に関して

追加ライセンス費用なしでより多くの機能をご利用いただけるようになります。
例えば、LycheeガントチャートProを購入済みのお客様は、追加ライセンス費用なしでチケットボード、チケットセットが利用できます。

今後、次回の更新時に必要になる費用は以下となります。

  • 買い取りの場合:Lycheeベーシックを含めた保守サービス費用
  • 期間限定・クラウドの場合:Lycheeベーシックを含めたライセンス料・利用料

新価格の適用開始時期について

新規、追加購入に関しては、新価格が適用されます。保守サービスの費用については、次回の保守更新から新価格が適用されます。
詳細はご担当の営業またはカスタマーセンターまでお問い合わせください。
なお、次回保守費用に関しては、後日、別途ご案内いたします。