EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

ニューノーマル時代のIT活用~最適なテレワーク実現への道筋~--テクマトリックス株式会社

ニューノーマル時代のIT活用~最適なテレワーク実現への道筋~--テクマトリックス株式会社

背景

働き方改革や世界的に大きな競技大会に向けてテレワーク環境を準備、あるいは導入検討されたという企業は少なくないとは思いますが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止対策として急ピッチで環境構築された企業も多いのではないでしょうか。
職場の外で仕事を行う際には、その形態に応じた様々なリスクに対応するセキュリティ対策が必要となります。 テレワーク環境の導入が一段落し、落ち着いたところで、あらためて「セキュリティ面は大丈夫なのか」と不安を抱く企業も増えているのでしょうか。
テレワークが長期化し、従来の仕事の在り方・人との関わり方の変化=ニューノーマル時代にシフトする中で、今まさにテレワークセキュリティ対策に対する需要が高まっています。

開催目的

急ピッチで環境構築したテレワークには多くのリスクが潜んでいます。​
継続的な企業活動を可能にするセキュリティ対策/BCP対策をどのように取り組んでいくべきか。​
セキュリティ対策/BCP対策ソリューションを多く取り扱うテクマトリックスでは、それぞれの特性を説明するとともにお客様の課題に合わせて最適なテレワーク実現に向けた最適解をご紹介いたします。​
テレワークを急ピッチで導入された皆様、またこれからテレワークをご検討される皆様に、テレワークを推進する上で重要なセキュリティとその管理についてご案内します。
2020年9月15日 (火) 2020年9月16日 (水) 2020年9月17日 (木)
開催時間:10:00~10:10
セミナー開催ご挨拶
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
事業部長
矢井 隆晴
開催時間:10:00~10:10
セミナー開催ご挨拶
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
事業部長
矢井 隆晴
開催時間:10:00~10:10
セミナー開催ご挨拶
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
事業部長
矢井 隆晴
開催時間:10:15~10:45
セミナー講演者:PwCコンサルティング合同会社 パートナー 丸山 満彦 氏
[基調講演 1 ] 成長を望む企業はもう戻らない
これからの時代のテクノロジー活用の方向性とセキュリティ対応
PwCコンサルティング合同会社
パートナー
丸山 満彦 氏
社会におけるデジタルトランスフォーメーションが進められている中、COVID-19による社会変化が加わり、企業におけるデジタルトランスフォーメーションの成否が企業の成長の成否に直結する時代となったともいえます。一方、デジタルトランスフォーメーションの成否にサイバーセキュリティの要素は重要です。これからの時代のテクノロジー活用の方向性を踏まえつつセキュリティ対応の重要性を説明します。
開催時間:10:15~10:45
セミナー講演者:日本セキュリティマネジメント学会代表理事・会長 工学院大学 名誉教授 大木 榮二郎 氏
[基調講演 2 ] デジタル経営のリスクマネジメント
日本セキュリティマネジメント学会代表理事・会長
工学院大学 名誉教授
大木 榮二郎 氏
「テレワーク」と「リモートワーク」の差は、ワークスタイルと捉えると大きな違いはなさそうに思えますが、経営視点でとらえると本質的な違いがあります。テレワークの発想は、デジタル経営の本質に根差さなければなりません。これまで日本企業の多くがITリスクに的確に対応できなかったことがDXで顕在化しています。テレワークを契機としたデジタル化において、同じ轍を繰り返さないために何をなすべきなのか。デジタル化の推進とサイバーセキュリティの対応とを経営の”戦略リスク”と位置付けることの必要性と戦略的な意味合いを紹介します。
開催時間:10:15~10:45
セミナー講演者:株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官 名和 利男 氏
[基調講演 3 ] コロナ禍により喪失したセキュリティと出現したサイバーリスク
株式会社サイバーディフェンス研究所
専務理事/上級分析官
名和 利男 氏
コロナ禍において、急場しのぎで構築したIT環境により、最近のサイバーセキュリティ対策の重要事項である「状況認識(Situation Awareness)」の一部を失い、攻撃対象領域(Attack Surface)をいたずらに増大させました。一方、攻撃側は、私たちの情報流通の大きな変化を観察し、攻撃戦略(Attack Strategy)を首尾よく適合させ、更に分業化されている攻撃主体の行動がそれに最適化しつつあります。本講演は、このような情勢変化に基づいた「想定すべきリスク」と「適切なセキュテリィ対策」を導出するための観点とプロセスを提供いたします。
開催時間:11:00~11:30
次世代ファイアウォールでセキュアなテレワーク環境を実現しませんか?
~クラウド時代のセキュリティモデル「SASE」での最適解~
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第2営業部  ネットワークプロダクツ営業2課
本川 淳也
急増するテレワークのニーズに対して、セキュリティを置き去りにせず、セキュアにテレワーク環境を実現するSASEソリューション「Prisma Access」の優位点をご紹介させていただきます。
開催時間:11:00~11:30
テレワークを阻むリモートアクセスの課題と最適解
~にわかテレワークで見えてきたセキュリティ課題にどう取り組むのか?~
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
インテグレーション営業課
吉澤 崇 
テレワークをするために、VPNなどのリモートアクセス製品を導入する企業も多いですが、現在の企業ネットワークはそれらの製品を導入する土台がありません。
無理やり導入しても、一時的には対応出来ますが、結果としてセキュリティの脆弱点にしかならず、それをカバーするために新たなるセキュリティ製品や、運用負荷などが増大していきます。テレワークによって変化する働き方に企業ネットワークも変化する必要があります。
本セミナーでは、リモートアクセスの問題点と、働き方改革やクラウド化によって変化する企業ネットワークの最適解をお話させていただきます。
開催時間:11:00~11:30
次世代ファイアウォールでセキュアなテレワーク環境を実現しませんか?
~クラウド時代のセキュリティモデル「SASE」での最適解~
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第2営業部 ネットワークプロダクツ営業2課
本川 淳也
急増するテレワークのニーズに対して、セキュリティを置き去りにせず、セキュアにテレワーク環境を実現するSASEソリューション「Prisma Access」の優位点をご紹介させていただきます。
開催時間:13:30~14:00
テレワークを阻むリモートアクセスの課題と最適解
~にわかテレワークで見えてきたセキュリティ課題にどう取り組むのか?~
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
インテグレーション営業課
吉澤 崇
テレワークをするために、VPNなどのリモートアクセス製品を導入する企業も多いですが、現在の企業ネットワークはそれらの製品を導入する土台がありません。
無理やり導入しても、一時的には対応出来ますが、結果としてセキュリティの脆弱点にしかならず、それをカバーするために新たなるセキュリティ製品や、運用負荷などが増大していきます。テレワークによって変化する働き方に企業ネットワークも変化する必要があります。
本セミナーでは、リモートアクセスの問題点と、働き方改革やクラウド化によって変化する企業ネットワークの最適解をお話させていただきます。
開催時間:13:30~14:00
テレワークでも業務効率を落とさない、データ管理における課題解決法は
~今こそクラウドを活用して、データ保護からDR(災害対策)/BCP(事業継続計画)を実現しませんか?~
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第1営業部 プラットフォーム営業課
森田 晃
コロナ禍の中、効率的なデータ共有や多様な働き方が求められる一方で、データ容量や管理者の運用負荷が増大しています。Cohesityのデータ保護ソリューションを使って、コストを抑制しつつ、クラウド型のDR/BCPを実現する方法をご紹介します。
開催時間:13:30~14:00
テレワーク拡大でリスクも増加!エンドポイントを守る最後の砦
~AIアンチウイルスで何がかわる?検知率だけではない!採用するべき理由とは~
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第3営業部 セキュリティプロダクツ営業2課
清水 芙蓉

第2技術部 セキュリティプロダクツ1課
福本 敏史
急速に普及が進むテレワーク環境下で、エンドポイントセキュリティの課題を抱えていませんか?

・シグネチャベースのアンチウィルスでは、定義ファイルのアップデート運用が手間

・オンプレミスでの管理のため、社内への接続が無いと端末の状態が確認できない

・マルウェア感染の疑いがある端末が発生した際に、LANケーブルを抜くなどの即時対応ができない

マルウェアの検知率向上のみならず、日々新たにリリースされるシグネチャへの対応や複雑なマルウェア対策の運用管理からも解放され、ニューノーマル時代におけるエンドポイントセキュリティのあるべき姿をご紹介します。
2日目となる本セミナーでは、運用に焦点を当て、BlackBerry Protect/Opticsを軸とした一連のマルウェア対策フローについて、デモをベースに紹介いたします。
開催時間:14:15~14:45
緊急事態宣言後のテレワークで直面したVPNの課題とその解決策
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第2営業部 ネットワークプロダクツ営業1課
児島 寛幸
緊急事態宣言後のテレワークを経験した多くの企業が、想定以上のVPN接続によるトラフィック集中とレスポンス低下の課題に直面しました。またセキュリティ面の不安を抱えた企業様もいらっしゃいました。
本セミナーではBIG-IP APMを使ってコストを最小化しながら効率的に解決する方法をご紹介します。
開催時間:14:15~14:45
安心安全なリモートアクセス実現に向けて
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第3営業部 セキュリティプロダクツ営業3課
南 泰輔
テレワークがニューノーマルになりつつある今、認証強化を実現する「SecurID Access」についてご紹介させていただきます。
本セミナーでは従来のSecurID製品に加えて、SSOや生体認証についてお話させていただきます。
開催時間:14:15~14:45
緊急事態宣言後のテレワークで直面したVPNの課題とその解決策
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第2営業部 ネットワークプロダクツ営業1課
児島 寛幸
緊急事態宣言後のテレワークを経験した多くの企業が、想定以上のVPN接続によるトラフィック集中とレスポンス低下の課題に直面しました。またセキュリティ面の不安を抱えた企業様もいらっしゃいました。
本セミナーではBIG-IP APMを使ってコストを最小化しながら効率的に解決する方法をご紹介します。
開催時間:15:00~15:30
安心安全なリモートアクセス実現に向けて
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第3営業部 セキュリティプロダクツ営業3課
南 泰輔
テレワークがニューノーマルになりつつある今、認証強化を実現する「SecurID Access」についてご紹介させていただきます。
本セミナーでは従来のSecurID製品に加えて、SSOや生体認証についてお話させていただきます。
開催時間:15:00~15:30
テレワーク拡大でリスクも増加!エンドポイントを守る最後の砦
~AIアンチウイルスで何がかわる?検知率だけではない!採用するべき理由とは~
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第3営業部 セキュリティプロダクツ営業2課
清水 芙蓉
急速に普及が進むテレワーク環境下で、エンドポイントセキュリティの課題を抱えていませんか?

・シグネチャベースのアンチウィルスでは、定義ファイルのアップデート運用が手間

・オンプレミスでの管理のため、社内への接続が無いと端末の状態が確認できない

・マルウェア感染の疑いがある端末が発生した際に、LANケーブルを抜くなどの即時対応ができない

マルウェアの検知率向上のみならず、日々新たにリリースされるシグネチャへの対応や複雑なマルウェア対策の運用管理からも解放され、ニューノーマル時代におけるエンドポイントセキュリティのあるべき姿をご紹介します。
1日目となる本セミナーでは、次世代アンチウィルス選定のポイントならびに弊社取扱い製品のBlackBerry Protect/Opticsを紹介いたします。
開催時間:15:00~15:30
テレワークでも業務効率を落とさない、データ管理における課題解決法は
~今こそクラウドを活用して、データ保護からDR(災害対策)/BCP(事業継続計画)を実現しませんか?~
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部
第1営業部 プラットフォーム営業課
森田 晃
コロナ禍の中、効率的なデータ共有や多様な働き方が求められる一方で、データ容量や管理者の運用負荷が増大しています。Cohesityのデータ保護ソリューションを使って、コストを抑制しつつ、クラウド型のDR/BCPを実現する方法をご紹介します。
     ※ セミナーの内容は事前のお知らせ無く、変更する場合がございます。
  • HOME
  • ネットワークセキュリティ事業部 Webセミナー

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。