Votiro Auto Mail Link with matriXgate

アイマトリックス社のmatriXgateとVotiro Auto Suite for FileZenを自動連携

Votiro Auto Mail Link with matriXgateは、アイマトリックス社のメールセキュリティーアプライアンスである「matriXgate」のソリトンシステムズ社のセキュア・ファイル転送システム「FileZen」へのメール添付ファイルの転送機能とテクマトリックスのファイル無害化自動連携パッケージの「Votiro Auto Suite for FileZen」による「FileZen」に配置されたファイルを自動的にVotiro社の無害化ソフトウェア「VOTIRO Secure Data Sanitization」に転送し、業務系ネットワーク内に、無害化され、かつ編集可能なVotiro形式でのメールの添付ファイルを安全に取り込むことができる機能の組み合わせで、実現されます。
この両製品の機能をワンストップで連携させることにより、セキュリティを高めながら、ユーザの利便性を向上させることが可能になります。

  • メール無害化
  • 標的型攻撃対策
  • ネットワーク分離
2015年6月に発生した国内公共機関での大規模な情報漏えい事案を発端に、総務省は自治体に対して自治体情報システム強靭性向上モデルを提唱しました。現在、各自治体では、2017年7月のマイナンバー系ネットワークとの接続までに、それらの対策を完了させるべく対応に追われています。
また、この総務省の提唱モデルは、FISC(金融情報システムセンター)やIPA(情報処理推進機構)のガイドラインでも提唱され、金融業界、社会インフラ系企業、教育委員会などが採用を開始しています。その対策のひとつに、ネットワーク分離があります。LG-WAN系ネットワークとインターネット系ネットワークの通信経路を分割し、システム間で通信する場合には、ウィルスの感染のない無害化通信を図ることが提唱されています。ネットワークが分離された環境においては、2つの異なるネットワーク間での安全なデータファイルの授受が課題となります。この場合、Webなどからのダウンロードファイルの他に、メールの添付ファイル、さらにはメール本文にもマルウェア感染の危険性が潜んでいます。この課題を解決するソリューションをアイマトリックス社とのパートナーシップを締結のもと、実現したメール自動無害化ソリューション、それが、Votiro Auto Mail Link with matriXgateです。
この戦略的提携により、メールの添付ファイルを安全な状態で業務系ネットワークに取り込み、かつファイルの形式を変えずに編集できる「メール自動無害化ソリューション」が完成されます。

Votiro Auto Mail Link with matriXgate メール自動無害化パッケージ 概念図

メール自動無害化パッケージ 概念図

アイマトリックス matriXgate Mail セキュリティーの機能

① メール無害化機能:アーカイブ型により、無害化メールを指定したドメインに転送。(メールサーバB)オリジナルメールは、matriXgate内の簡易アーカイブ領域に保管。同時にメールサーバAにオリジナルメールを転送。
② メールサーバAとメールサーバBにsmtp接続。
③ 無害化(添付削除・添付テキスト化・添付画像化 (※注1)されたメールのみを安全に受信。
④ パスワード無し添付ファイルは、アーカイブ画面から、ワンクリックでFileZenのUploadフォルダに自動転送 (※注2)
⑤ アーカイブ画面で、パスワード付添付ファイルは、パスワード入力のためのポップアップ画面を表示。
(※注3)パスワード入力後、ワンクリックでFileZenのuploadフォルダに自動転送。

テクマトリックス Votiro Auto Suite for FileZen およびソリトンシステムズ FileZenの機能

⑥ Votiro自動無害化連携モジュール「Votiro Auto Agent for FileZen」が、Votiro社無害化ソフトウェアである「Votiro Secure Data Sanitization 」に添付ファイルを自動転送。
⑦ 無害化されたファイルをFileZenのDownloadフォルダに自動格納。同時に利用者にメールにて無害化完了通知を送信。利用者は、メールの添付ファイルをVotiro社の無害化エンジンで無害化された形式にてダウンロードすることが可能。
  ※Votiro Secure Data Sanitizationのアンチウィルスソフトウェアでウィルスを検地したファイルは、ブロックされ、無害化されません。
  ※Votiroが未対応のファイル形式の場合、ブロックされ、無害化されません。この場合、エラーメッセージが記載されたテキストファイルが格納されます。

※注1:添付ファイル画像化機能は、次期バージョン(1.7.0)から、新たに追加された新機能です。
※注2:FileZenへの自動転送機能は、次期バージョン(1.7.0)から、新たに追加された新機能です。
※注3:パスワード画面のポップアップ機能は、次期バージョンでは未対応の機能です。次バージョン以降で対応する予定です。
※次期バージョン(matriXgate MailセキュリティーのVer1.7.0のリリース予定時期は、2017年6月末を予定しています。

Votiro Auto Mail Link with matriXgateに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    インテグレーションビジネス推進室
    インテグレーション営業課

    03-4405-7815

メールでのお問い合わせ
vas-sales@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。