ネットワーク分離環境の課題、安全かつ簡易なファイル受け渡しを可能にする方法

社内データを保護する手段として利用が増えたネットワーク分離だが、分離先へのファイルのやりとりが課題となるケースも増加している。この根本的な解決策となるのが、手間なく安全なファイルのやりとりを可能にするソリューションだ。

要約

データ保護の観点から、社内のネットワークをインターネット系と基幹系で分離する企業が増えている。セキュリティの担保には有効な半面、課題となっているのが基幹系へのデータ持ち込みに関する手間だ。いわゆるレガシーな対策であるウイルス対策ソフトやサンドボックスなどを駆使して、なんとかマルウェアの侵入を防ぐ手段を講じてはいるが、ゼロデイ攻撃に無力であるなどリスクも残る。

こうした中、根本的な解決策として注目されているのが、ファイルの「受け渡し」と「無害化」に特化した製品を連携させたソリューションだ。分離環境を画面に再現した分かりやすいUIで受け渡し記録や承認状況を可視化、ログインしてファイルを置くだけのシンプル操作で簡単に受け渡しが可能なため、一般的なファイル送受信システムにある宛先記入などの手間は必要ない。

また、アップロードされたファイルは分解・サニタイズ・再構成して「元のファイル形式のまま無害化」されるため、業務効率を低下させることなく、潜在的な脅威を削除した安全なやりとりが可能だ。本資料では同ソリューションの詳細と具体的な利用イメージを画像付きで分かりやすく紹介する。

«「アイティメディア株式会社運営のホワイトペーパーダウンロードセンターから転載」»

Votiro Disarmer シリーズに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    インテグレーションビジネス推進室
    インテグレーション営業課

    03-4405-7815

メールでのお問い合わせ
votiro-sales@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。