活用例

業務システム・分散システム開発におけるVirtualize活用例

業務システム・分散システムの多くは、ネットワークを介してシステム/機能が連携しており、時代と共に益々増加・複雑化しています。 Virtualizeは、システム間の連携をともなう開発・テストにおいて、接続先の機能/システムが利用できないというボトルネックを解消するサービス仮想化ツールです。その具体的な利用シーンについてご紹介します。

詳しく

業務システム・分散システム開発におけるVirtualize活用法

組み込み開発、IoT・M2MにおけるVirtualize活用例

今、注目されているIoT(Internet of Things)においては、従来のシステム間連携のみならずセンサーやウェアラブル機器、家電製品などの組み込み機器と連携した新たなサービスの提供が始まりつつあります。
Virtualizeは、組み込み機器と接続する様々なシステム、サーバー、デバイスなどの通信部分のスタブ(シミュレーター)となるツールです。その具体的な利用シーンについてご紹介します。

詳しく

組み込み開発、IoT・M2MにおけるVirtualize活用法

APIのテスト自動化とサービス仮想化を1ツールで SOAtest/Virtualizeに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。