組み込み開発、IoT・M2Mにおける活用例

Virtualizeは、組み込み機器と接続する様々なシステム、サーバー、デバイスなどの通信部分のスタブ(シミュレーター)となるツールです。
通信を伴う組み込み機器のテストの課題を解消し、短期リリースと品質確保の両立を実現します。


 


負荷テスト・IoT/M2Mにおける大量のアクセスを再現する

機器やアプリケーションからのアクセスが大量に発生するようなシステムにおいては、負荷テストを実施しておかなければなりません。
例えば、大量のタブレット端末やオフィス内の様々な機器、また近年注目されるIoTにおいては多数のセンサーといったものから、サーバーへ大量のアクセスが発生します。
そのようなシステムに対して負荷テストをおこなうために、アクセス元となる機器を相当数準備することは現実的ではありません。

SOAtestとVirtualizeを組み合わせれば、アクセスを発生させる大量の機器を準備する必要はなく、スムーズなテストが可能です。

負荷テスト・IoT/M2Mにおける大量のアクセスを再現する

並行開発における課題を取り除き、疎通テストを一発合格

通信を行う複数のデバイスを並行開発している場合、どちらか片方の開発の遅れにより、疎通テストを実施できないということはありませんか?また、疎通テストの際、実機に直接接続してテストを繰り返していませんか?
このような状況では、疎通テストが実施できないことによる開発の遅延や、実機との疎通テストでいきなりの手戻りといったリスクが伴います。

Virtualizeは、開発早期から接続を想定したテストが可能です。手戻りのリスクを最小限におさえることができます。



複数のデバイスやサーバーとの接続テストを1つの環境で

開発している組み込み機器が接続するデバイスやサーバーなどをスタブで代替する場合、その数が多いほどスタブの管理や作成工数が課題となってきます。

Virtualizeは、複数の接続先の通信を、一つのツールで作成・管理することができるため運用コストを抑えることが可能です。

APIのテスト自動化とサービス仮想化を1ツールで SOAtest/Virtualizeに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。