物流連携 - 物流・倉庫連携、在庫管理を効率化

『+物流連携』では、通常の受注処理・ショップ間在庫連動機能に加えて、ネットショップと倉庫・物流間の在庫データ、出荷指示などのやりとりを効率化・自動化する機能をカスタマイズして提供します。

【例1】 外部物流倉庫業者との業務連携

外部物流倉庫業者との業務連携 
楽天市場などのモール側との自動データ連携、受注処理の自動化に加えて、任意の物流倉庫業者様向けの帳票・CSVフォーマットなどを実装、ファイルでの簡易なデータ連携を実現します。また、物流倉庫業者様向けの画面のみ閲覧可能なアカウントを発行・制御する事で、物流倉庫業者様で任意にデータをダウンロードしたり、注文されているアイテムの状況などを表示する様な画面を用意する事も可能です。ネットショップ様は、その日の出荷実績データをアップロードするだけで、出荷案内メール(配送番号連絡)、カードの売上請求、処理済へのステータス変更など一括で自動処理されます。
外部物流倉庫業者との業務連携_対応費用の目安 

【例2】 楽天物流などのサービスなども含めた出荷・在庫連携

自社倉庫や物流倉庫を介した在庫・配送の管理に加えて、楽天物流(楽天スーパーロジスティクス/RSL)やフルフィルメント by Amazon(FBA)など、出荷の高速化にあたってモール関連物流サービスを活用するケースの場合、管理が非常に煩雑になってしまう事があります。

例えば・・・
  • モール上の表示在庫、自社倉庫の在庫、物流サービスの在庫など、複数の状況を把握して引当てなければならない。
  • モールと物流サービスそれぞれに商品情報を登録・更新しなければならない。
  • 物流サービスへの在庫補充の判断、指示が人依存になってしまう。
  • 出庫の指示、入庫の通知と確認、出荷の指示、等々必要な作業が煩雑。
楽天物流などのサービスなども含めた出荷・在庫連携【Before】 
 楽天物流などのサービスなども含めた出荷・在庫連携【After】
モール、基幹システム、WMS(倉庫管理システム)、物流サービスそれぞれと連携し、管理を一元化。在庫引当に加えて、物流サービス上の在庫数に閾値を設定し、補充が必要になったらアラートを発信する機能や、入庫・出庫の指示を一括処理する機能を実装する事で、業務を全体的に自動化・効率化する事が出来ます。 勿論、モール側との自動連携や受注処理の自動化、物流サービスに対するお客様への出荷指示なども効率的に行う事が出来ます。 また、簡易に処理が出来る事で、最小限のロット数で在庫を回したり、迅速な在庫移動を実現したり、という様な事も可能になります。

対応費用の目安
楽楽バックオフィス+物流連携楽楽バックオフィス+基幹システム連携楽楽バックオフィス+ダウンロード販売

PICK UP テクマトリックスからのオススメ

楽楽バックオフィス+Oneに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社

    ビジネスソリューション事業部
    ビジネスソリューション営業部
    コマースソリューション営業課

    03-4405-7846

メールでのお問い合わせ
ec-sales@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。