標的型攻撃対策

Targeted Attack Protection (TAP)

Proofpoint TAP は、ビッグデータ技術を使ったアノマリティクス解析、URLを書き換えて危険なサイトへのアクセスを防ぐクリック時の保護、サンドボックス機能などを組合せ、潜在的な脅威を検出し無効化を実施するソリューションです。専用ダッシュボードによって、攻撃対象を特定し脅威を可視化することも可能です。
メールの添付ファイルを検査する「Attachment Defense」と、メール本文のURLをリアルタイムに保護対象とする「URL Defense」があります。
  • Attachment Defense

Attachment Defense

Attachment Defense

添付ファイル付きのメールをProofpoint Email Protection が受信します。Attachment Defenseは、疑わしい添付ファイルが存在する場合、Reputationに過去の解析結果を問い合わせます。
クラウド型サンドボックス環境では、ファイルに含まれているコードの静的解析をはじめ、動的サンドボックスなど様々な手法でファイルを解析し、その結果をProofpoint Email Protectionに通知します。
脅威が含まれているメールは、Proofpoint Email Protectionの設定に従って隔離または破棄などのポリシーを適用することが可能です。

  • URL Defense

URL Defense

URL Defense

URLが含まれるメールをProofpoint Email Protectionが受信すると、URL Defenseはメールに含まれるURLを書き換えると同時に、URLをクラウド型サンドボックス環境へ送ります。
ユーザーが書き換えられたURLをクリックすると、Redirectorにアクセスします。
Redirectorは、Reputationに過去の解析結果を問い合わせます。過去の解析結果がない場合、クラウド型サンドボックスに最新の解析結果を問い合わせます。
URLが悪意のあるものと判断された場合、そのアクセスを拒否します。
URLが書き換えられてメールが配信されるため、メール配信後に挙動を変えるURLからもユーザーは保護されます。
デバイス、環境に依存しないため、インターネットに直接接続する端末(ノートPC、スマートデバイスなど)も保護が可能です。

Proofpointに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

  • テクマトリックス株式会社
    西日本支店

    ネットワークセキュリティ営業課

    06-6484-7486

メールでのお問い合わせ
pfpt-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。