ユースケース:セキュリティリスクへの対処

● セキュリティインシデントに対するリスクのある端末の可視化
● 潜在的に脆弱性を持ったデバイスの継続的な監視
● 現行の検疫システムに限界を感じている
● 野良端末の対処の徹底

課題

● Wannacry感染により、システムが停止し、業務影響が出てしてしまうインシデントが発生した
● 企業全体に対する100%の可視化とデバイスの衛生管理が求められた
● 既存の検疫システムではMacアドレスベースでの対処となるため、増え続けるデバイスの管理に限界を感じていた

背景

ユースケース:セキュリティリスクへの対処 システム構成イメージ、企業ポリシーに沿った柔軟なポリシー設定、Wannacry感染イメージ

ユースケース:セキュリティリスクへの対処

Forescout Platformに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    第1営業部
    プラットフォーム営業課

    03-4405-7816

メールでのお問い合わせ
forescout-sales@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。