Asset Inventory

本コラムはForescout のAsset Inventoryを検証し、評価した結果を公開します。

1 Asset Inventoryとは?

Forescoutではネットワークにアクセスしているほぼ全てのIPデバイスをミラーポートから流れてくるトラフィックデータや様々なITインフラ機器と連携することで検知し、検知したIPデバイスに対してWMIやSSHプロトコルを使用して端末の詳細データを収集します。
収集されたデータはAsset Inventoryで統計的に確認できます。

2 実際のAsset Inventory画面

実際にAsset Inventoryで確認できるデータを例としていくつか見ていきます。

2-1.Functionの統計データ

Forescoutで検知したエンドポイントを分類分けした結果をAsset Inventoryで確認すると、下記のイメージのようにIPカメラが14台接続されているなど、ネットワークにどのようなデバイスが、何台存在しているか確認できます。

図1 Functionの統計データ画面

図1 Functionの統計データ画面

2-2.OSの統計データ

ネットワークに接続しているPCをOSの種類別で統計値を確認できます。

図2 OSの統計データ画面

図2 OSの統計データ画面

2-3.インストールされたアプリケーションの統計データ

各端末の調査が完了し、プロファイル情報がForescoutに収集できていれば、インストールされているアプリケーションの統計データを表示できます。

図3 インストールされたアプリケーションの統計データ画面

図3 インストールされたアプリケーションの統計データ画面

3 まとめ

Forescoutで収集した端末情報はAsset Inventoryを使うことで統計的に表示できます。Asset Inventoryを有効に活用することで、特定のOS、特定のアプリケーションをインストールしている、など様々な条件にマッチする端末を一覧表示できます。

Forescout 技術コラム Asset Inventory

Forescout Platformに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    第1営業部
    プラットフォーム営業課

    03-4405-7816

メールでのお問い合わせ
forescout-sales@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。