機能安全規格IEC 61508への対応

機能安全とは

機能安全とは、プラント・鉄道・自動車など、故障が人命や環境に対する損害を与えるリスクのあるシステムにおいて、リスクを許容可能な範囲にまで低減するために、なんらかの防護手段を設けるなど機能によって安全性を確保する、また故障しても機能が危険をもたらさないようにするという考え方です。

機能安全規格IEC 61508

近年、電気/電子/プログラマブル電子システムに関する機能安全の国際規格「IEC 61508」が、グローバル・レベルで関心を集めています。IEC 61508は2010年に第2版が発行され、加えて多くの個別製品派生規格がIEC 61508を基に制定されています。

その派生規格として個別の分野ごとの規格(自動車:ISO 26262、産業機械:IEC 62061、鉄道:IEC 62278、原子力発電所:IEC 61513など)が定められています。分野固有の規格が存在しない場合は、 IEC 61508を適用することになっています。

これを見ると、IEC 61508が世界から支持された規格であり、機能安全という考えが世界に普及しつつあると言っても過言ではありません。

またIEC 61508は、2012年以降、EU圏内で販売される全産業機器の条件になり、またEU以外でも準拠をメーカーに義務づける傾向が世界各国で強まるなど、輸出関連企業にとって安全規格への関心は高まる一方です。

機能安全規格IEC 61508

dotTESTを利用した機能安全規格への対応

Parasoft dotTESTは、ソフトウェア開発チームの生産性向上とソフトウェア品質の向上に効果がある、さまざまなベストプラクティスを自動化する統合ソリューションです。dotTESTを利用すると、以下のテストを容易に行うことができます。

  • ピアコードレビュープロセスの自動化
    コードレビューの準備、通知、追跡
  • 単体テスト
    単体テストの実行

dotTESTを利用することにより、効率的なエラーの予防、発見、修正が可能になり、.NETコード(C#、VB.NET、ASP.NETなど)が期待通りに動作していることを確認できます。問題がより迅速に修正されるよう、検出された問題は、重要度に基づいて優先順位が付けられ、問題に関連するコードを作成した開発者に自動的に割り当てられます。問題は開発者の統合開発環境(IDE)に配布され、リンクによって問題のコードにすばやく移動したり、問題の修正方法を参照したりできます。

IEC 61508第3部:ソフトウェア要求 (Software requirements)では、電気/電子/プログラマブル電子システムの開発のうちソフトウェア開発において要求される手法や項目が規定されています。以下の資料の中では、IEC 61508第3部のソフトウェア安全ライフサイクル要求にて要求される手法と、この手法をサポートするdotTESTの検証方法を紹介します。

静的解析・単体テストツール dotTESTに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。