自動テストソリューション

dotTESTは、単体テスト、静的解析フロー解析の3つの検証を実施します。開発者は、Visual Studio でコンパイル可能なソースコードさえあれば、スタートボタンをクリックするだけで、テストや解析を実行できます。個々の開発者が自身が記述したプログラムに対して実施するのであれば、この方法で、何の問題もないでしょう。

開発の規模が大きい場合、テスト/デバッグ作業をもっと効率化したい場合、開発チーム全体のテスト/解析を一元化したり管理したい場合には、個々の開発者がテストや解析を実施するよりも、サーバーマシンでのバッチ処理によって開発チーム全体のソースコードをテスト/解析するほうが、効率的であり、かつ、一元化や管理が容易になります。また、定期的に繰り返しテストを実行することになるため、回帰テスト(リグレッションテスト)が自動化されるので、デグレード防止に繋がります。

以下は、dotTESTを用いた自動テストソリューションの一例です。以下のソリューションでは、サーバーマシン上に格納されたプロジェクトに対して、夜間にバッチでテスト/解析を自動実行することにより、1) 開発者個人がテストを実施する時間を省略すること、2) 一定の設定(テストコンフィグレーション)のもとで定期的にテスト/解析が実施されること、3) 開発者がテストの実施状況やソースコードの品質を常に確認できること、4) 自動の回帰テスト(リグレッションテスト)を可能にします。

dotTESTを用いた自動テストソリューション

管理者/アーキテクト

  • 事前準備
    テスト/解析を実行するときのdotTESTの状態(テストコンフィグレーション)を設定します。

    • 静的解析
      静的解析で適用するコーディングルールを選定します。既存のコーディングルールでは足りない場合は、RuleWizardでコーディングルールを作成します。
    • フロー解析
      フロー解析で検証する項目や、追跡するフローの深さなどを設定します。
    • 単体テスト
      単体テスト時のテスト実行範囲を設定します。

    dotTESTがテスト/解析のバッチ実行を定期的に実施するよう、サーバーマシンを設定します。
  • 開発時
    サーバーマシン上で実施されたテスト/解析結果から、開発チーム全体のソースコードの品質の確認やテストの品質、開発の進捗などの現状を確認します。

個々の開発者

  • 新たに作成したソースコードに対する単体テストの準備し、テストを実行します。
  • 昨夜のテスト/解析のバッチ実行結果をTCMからダウンロードし、テスト結果を検証してコードを修正します。また、テストのカバレッジ測定結果を検証し、追加すべきテストケースやテストスタブを作成します。
  • 帰宅前にサーバーマシンの構成管理ツールにプロジェクトをチェックインします。プロジェクトには、ソースコードのほかに、テストケースとスタブ、テスト結果などのdotTESTによるテスト/解析に必要なデータや情報が含まれています。

サーバーマシン

  • 管理者/アーキテクトによって施された設定にしたがって、構成管理ツールに含まれるプロジェクトに対してテスト/解析を自動実行し、その結果をTCM (Team Configulation Manager) に格納します。
  • ※ Team Configuration Manager(TCM)はJtest Server Edition、C++test Server Edition、dotTEST Server Editionに含まれています。

静的解析・単体テストツール dotTESTに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。