機能テストを自動化するわけ

ビジネスチャンスを生かし、企業が収益を上げるため、めまぐるしく変化するビジネス環境と多様化する市場ニーズに対応した製品やサービスをいち早く市場に投入することが必要とされています。しかしながら、ソフトウェアの品質を落とすことなく開発スピードを向上させることは、開発規模が膨張し複雑化の度合いを増す現状の開発現場では、難しい状況になっています。
スピードを重視するあまり、計画性に欠ける、あるいは、余裕のない開発を続けていると、将来の採算を悪化させる「技術的負債」を抱えてしまうことになりかねません。 品質、スピード、コストのバランスを取り、技術的負債を増やさないためのソリューションのひとつとして、テスト自動化取り組むプロジェクトが増えています。

テスト自動化によって解決される課題の例

課題 1 テストケースやシナリオが膨大にあり、工数が取られる
テストを自動化すると。。。
  • 入力データをパラメータ化し、外部データソースから流し込むことにより、1テストシナリオでさまざまな入力値や画面遷移のテストが行え、テストの工数を削減できる。
  • レポートも自動化でき、レポート作成工数も削減できる。
  • テスト漏れやミスが防止され、テストの妥当性が向上する。

課題 2 頻繁にバージョンアップがあり、同じテストを繰り返し行っている
テストを自動化すると。。。
  • 前回のテストシナリオやテストケース、テストデータを利用して、テストを実施でき、さらに、前回のテスト結果との比較も容易になり、回帰テストの工数を大幅に削減できる。
  • テスト漏れやミスが防止され、テストの妥当性が向上する。

課題 3 テストが属人化し、テストの妥当性を測定できない
テストを自動化すると。。。
  • 同一形式のテストレポートが出力され、担当者によるテストのばらつきを確認できる。
  • テストシナリオやテスト用データソースを担当者間で共有することにより、テストのばらつきを防止できる。
  • テスト漏れやミスが防止され、テストの妥当性が向上する。

課題 4 人手が足りない
テストを自動化すると。。。
  • テストの実行からレポート生成までを自動化することにより、テスト実行の工数を削減できる。
  • テスト自動化によって生まれた時間を使って、妥当性の高いテストシナリオやテストパラメータを準備できる。

機能テスト自動化によって解決される課題

機能テストに関するお手伝い

テクマトリックスでは、機能テスト・回帰テストをより効率的かつ効果的にするための機能テスト自動化ソリューションをご提供しております。
現行のテストの実施状況をお伺いし、最適なツールの選定からテスト自動化環境の構築までをお手伝いします。

機能テストについて、お悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


 

PICK UP テクマトリックスからのオススメ

機能テスト自動化ソリューションに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。