機能テスト自動化をスムーズに導入・定着させるノウハウ

機能テストの自動化を開発プロジェクトの開発者やテスト担当者に抵抗感なく受け入れられ、かつ、継続していくには、どうすればいいのでしょうか? ここでは、テクマトリックスがこれまでにお手伝いさせていただいた経験から、機能テスト自動化を開発プロジェクトにスムーズに導入・定着させるコツをご紹介します。

自動化のポイント

 少しずつ対象を増やす
テスト自動化を実現するには、導入したツールに慣れることから始まり、テストシナリオやテストケースの準備など、それ相応の時間や工数を要します。モチベ—ションを維持し、テスト自動化をしっかり定着させるためには、適用対象をいきなり広げるのではなく、例えばパイロット運用を行うなどの措置を取りながら、少しずつ自動化の対象範囲を広げることをお勧めします。

 テストのすべてを自動化しようとしない
テストシナリオによって、手動テストの方が効率的な場合もあります。すべてを自動化しようとせず、自動化する部分と手動でテストする部分を見極めることも大切です。

 CI環境の中にテスト自動化を組み入れる
機能テスト単体の自動化も効果はありますが、CIツールと連携した形でテスト自動化を実施するケースも増えています。CI環境の中に機能テストの自動化プロセスを組み込むことにより、ビルドやソースコード解析、デプロイなど必要なジョブと併せて一元管理できるようになります。

 共有できるナレッジの蓄積
テスト担当者やテストベンダーが入れ替わった場合などに、せっかく整備したテスト環境資産が引き継がれなかったり、最悪のケースでは自動化運用が停止してしまうといったことも起こりえます。テストシナリオやテストケースの作成、管理、自動化環境の仕様などのナレッジは日頃からドキュメント化するなどして蓄積し、関係者が共有できる環境を作ることが大切になります。

機能テスト自動化の例

機能テストに関するお手伝い

テクマトリックスでは、機能テスト・回帰テストをより効率的かつ効果的にするための機能テスト自動化ソリューションをご提供しております。
現行のテストの実施状況をお伺いし、最適なツールの選定からテスト自動化環境の構築までをお手伝いします。

機能テストについて、お悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

PICK UP テクマトリックスからのオススメ

機能テスト自動化ソリューションに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。