機能テストの自動化

機能テストの自動化を推進する際には、現状の把握と自動化するテストの選択を最初に行うことが大切です。テスト自動化は比較的効果を得やすいソリューションですが、テストのすべてを自動化できるわけではありません。現状の把握とともに、どのテストを自動化するかを見極めることが重要です。

自動化しやすいテスト

他の機能テストに比べて、テストの準備が少なくて済む以下のようなテストは、比較的自動化が容易です。

  • スモークテスト
本格的なテスト実施する前に、ソフトウェアが動作することを確認するためのテスト
  • 回帰テスト
ソフトウェアを修正した際に、その修正により新たな不具合が生じていないかを確認するためのテスト

機能テスト自動化の落とし穴

ツール選び

機能テストの自動化では、選択したツール次第で得られる効果や継続性は変わります。ツールの機能やテスト対象との相性、テストシナリオの修正の容易さ、CI環境との親和性など、さまざまな観点から、各プロジェクトに最適なツールを選択することが重要です。
すでにフリーツールや商用ツールを利用していても、さまざまな課題を抱え、運用に苦労している場合もあります。

テストスタブ

機能テストを自動化する際に、見落としがちなのが、テスト対象がアクセスする他システムやバックエンドシステム、外部に接続するシステムやサービスの存在です。テスト時にアクセスできる状態であれば問題ありませんが、アクセスできない場合にはこれらに代わるテストスタブを準備しなければテストを実行できません。
網羅性の高いテストスタブを準備することがテスト自動化のカギと言っても過言ではありません。

機能テスト自動化によって解決される課題

機能テストに関するお手伝い

テクマトリックスでは、機能テスト・回帰テストをより効率的かつ効果的にするための機能テスト自動化ソリューションをご提供しております。
現行のテストの実施状況をお伺いし、最適なツールの選定からテスト自動化環境の構築までをお手伝いします。

機能テストについて、お悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

PICK UP テクマトリックスからのオススメ

機能テスト自動化ソリューションに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。