開発プロセスと課題のステータスを連携

StreamBrowser™でプロセスの可視化、ステータスの共有、トレーサビリティの確保が可能

課題管理ツールAccuWorkで管理されている各課題に定義されたワークフローとストリームによって定義された開発プロセスを関連付けることができます。ストリームからストリームへのプロモート操作のタイミングで、自動的にAccuWorkの課題のステータスがワークフロー定義に沿って変更されるため、担当者の課題のステータス変更忘れを防ぎ、課題のステータス管理を徹底します。
また、製品開発プロセスや保守開発プロセスといったプロセスごとに、課題のワークフローを変えることができるため、プロセスに沿った状態管理の自動化を促進します。

AccuRevのワークフロー機能を利用すれば、以下のような効果が期待できます。
  • 無理なく、定義した開発プロセスに沿った作業を推進
  • ストリームに定義された開発プロセスをいつでも参照でき、作業のステータスも参照できるので、情報の共有化を促進
  • トレーサビリティを確保




 
 

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。