技術ホワイトペーパー

 テクマトリックスでは、AccuRevや構成管理、課題管理などに関する資料や事例をご提供しています。ぜひ、ご一読ください。
カタログ
ユーザー事例
  • アズビル株式会社
    建物の空調、保安設備など制御機器・自動化機器において国内屈指の大手メーカー。主力事業であるビルシステム部門では、建物に設置される各種制御機器の情報設定に用いるエンジニアリングツール開発において、管理が複雑で負荷が非常に高いという課題を抱えていた。管理工程を効率化するために採用したのが「AccuRev」だった。
  • SanDisk社
    フラッシュカードメモリ製品の世界的なトップサプライヤーであるSanDisk社。驚異的な成長とペースの速いビジネスに対応するため、ソフトウェア開発を組織化し、かつ、コントロールすることを目指し、AccuRevを採用しました。AccuRevを採用した決め手は?
  • World Wide Packets社
    キャリアイーサネットソリューションの主要なプロバイダーであるWorld Wide Packets社。グローバルに分散した開発チームの拡大と複数製品の並行リリースに対応するため、リリースプロセスの視覚化を検討し、AccuRevの導入を決定。既存のプロジェクト管理ツール(MKS Integrity Manager)との連携も実現しました。AccuRevを採用した決め手は?
ベストプラクティス
  • ソフトウェア構成管理のベストプラクティス  立ち読み CLICK
    構成管理を行う際に発生する問題について、ベースラインや再利用可能なコンポーネント管理の方法、マージのタイミング、分散開発時における注意ポイントといった構成管理ベストプラクティスが記載されています。
  • ソフトウェア開発プロセスにおける5つの課題とその解決方法
    昨今のソフトウェア開発では、短納期化、ソフトウェア規模の拡大、オフショア開発を代表する分散開発、多品種少量開発などにより、開発負荷の増大や管理の複雑化が課題になっています。ソフトウェア変更管理の最適化、迅速なリリースなどプロセス改善のノウハウをまとめました。
  • ソフトウェア構成管理におけるブランチとマージのベストプラクティス
    従来のソフトウェア構成管理のブランチ設計は、何十年も前のソフトウェア手法をベースに設計されています。現在の特徴的なソフトウェア開発、たとえば、非常に頻繁にコードをリリースする・膨大な数の派生したソフトウェアが存在するような開発などにおいて、本書に記載されている手法が大きな効果をもたらします。
  • コンプライアンスを推進するソフトウェア構成管理
    今日、数多くのコンプライアンスに関する規格や規則が実施されています。ソフトウェア構成管理(SCM)は、ソフトウェア開発に関係するあらゆるコンプライアンス活動で重要な役割を果たします。AccuRev がどのようにコンプライアンス活動を支援するのかをご紹介します。
比較資料
  • NEWバージョン管理のこれまでと構成管理のこれから
    ソフトウェア開発の規模拡大や多機種開発により、これまでとは異なる手法や仕組みが必要とされています。本資料では、バージョン管理の変遷、これからの構成管理のポイントを紹介します。
  • Subversionとの比較
    フリーツールとしてよく使われる構成管理ツールとの徹底比較情報です。複雑な並行開発プロセスへの対応、分散開発時におけるメリット/デメリット、変更管理と構成管理を実施する場合の特長などが記載されています。

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。