EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

【SES-2】SOAtest/Virtualize定期紹介セミナー

開催日

2018.08.27

カテゴリ

  • ソフトウェア品質保証

関連サービス/製品

開催概要

「SOAtest/Virtualize」は、APIの開発者/利用者に向けてテストの自動化とテスト環境の仮想化の2つの側面から開発の効率化をサポートします。「SOAtest/Virtualize」は、APIのテストドライバーを提供し、開発中のAPIのテストを自動化する機能と、APIを利用するアプリケーションが必要とするAPIをスタブとして仮想化する機能を同梱して提供します。

本セミナーでは、「SOAtest/Virtualize」を用いた、APIの機能テスト、回帰テストおよびパフォーマンステストと、APIをスタブとして仮想化する機能をデモンストレーションを交えてご紹介します。

API (REST、SOAP、MQ、JMSなど) の開発者または利用者は、ぜひご参加をご検討ください。

アジェンダ

開催日程

2018年8月27日(月)15:30~17:30 (開場 15:20)

開催場所

テクマトリックス(株)セミナールーム
京浜急行本線 泉岳寺駅 徒歩1分

〒108-8588
東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル(受付9階) 地図

関連製品

参加費

無料

定員 8名(先着順)

※ お申し込み人数が、4名様以下の場合は、開催を中止させていただく場合がございます。その場合は、 開催日の2日前までにご連絡させていただきます。
※ 複数の方でお申し込みいただく場合は、1社2名様までとさせていただきます。
想定受講者
  • APIの基本概要を理解している方
  • APIの開発者または利用者
  • APIの開発/利用におけるテスト自動化を検討されている方
申し込み方法 「参加申し込み」ボタンをクリックし、入力フォームにご記入いただき、送信してください。
折り返し、受け付け状況をメールにてお知らせします。
アジェンダ
  1. SOAtest/Virtualizeの概要
    1. SOAtestによるAPIのテスト自動化
    2. Virtualizeによるサービス仮想化
  2. SOAtest/Virtualizeのデモンストレーション
  3. 質疑応答

SOAtest/Virtualizeについて

「SOAtest/Virtualize」は、APIの開発者/利用者に向けてテストの自動化とテスト環境の仮想化の2つの側面から開発を効率化します。
「SOAtest/Virtualize」は、APIのテストドライバーを提供し、開発中のAPIのテストを自動化する機能と、APIを利用するアプリケーションが必要とするAPIをスタブとして仮想化する機能を同梱して提供します。

SOAtest/Virtualizeの機能の詳細はこちら

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。