EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

【10/22(木)Webセミナー】攻撃者が狙う「人」を強化するための効果的なセキュリティ教育とは?

~最有力のセキュリティ教育ソリューション「PSAT」のご紹介~

開催日

2020.10.22

カテゴリ

  • セキュリティ

関連サービス/製品

脅威の検知・防御技術は日々進化を続ける一方で、攻撃者は人の脆弱性を狙った攻撃にシフトしつつあり、巧妙になりすました標的型攻撃メールやビジネスメース詐欺(BEC)に気づかず騙されてしまうケースが増えています。このように既存のセキュリティデバイスによる対策だけでは防ぎきれない脅威への対策手段として、攻撃対象となる「人」を強化することが重要と言えます。
本セミナーでは、Gartnerが6年連続でリーダーに選出したProofpoint社のセキュリティ教育ソリューション「PSAT」を用いて、従業員のセキュリティレベルを効率良く向上させる具体的な手法をご紹介します。30以上の言語対応や500以上の疑似攻撃メールテンプレートをはじめ、eラーニングのPDCAサイクルを効率化させる様々な機能を持つ本製品について、一連の設定方法から実際の設問回答をデモンストレーションで体感いただきながら、詳しくご理解いただけます。
開催日程 2020年10月22日(木)15:00~15:35

関連製品

参加費

無料 / 事前登録制

定員 40名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※本セミナーは、法人様対象のセミナーとなっております。個人様からのお申込みは受け付けておりません。
 また、同業及び競合他社様からのお申込みはお断りします。
※お申込み多数の場合、抽選となる場合があります。
想定受講者
・メールに起因する情報漏洩対策にご興味をお持ちの企業・官公庁・大学等の情報セキュリティ管理者、担当者
・従業員の情報セキュリティ教育を企画・実施されている企業・官公庁・大学等の人事・教育担当者
・情報セキュリティ・サイバーセキュリティに伴うセキュリティ教育を提案されているSIerの方
利用システム Zoom Video Webinars ※事前に接続テストの実施をお願いします。
主催 テクマトリックス株式会社

セミナー内容

15:00~15:25 セキュリティ教育ソリューション「PSAT」のご紹介
テクマトリックス株式会社 ネットワークセキュリティ事業部
第二技術部 Proofpoint製品担当 西柳 昂起


メールをきっかけとしたサイバー攻撃には、ゲートウェイによる物理的な対策も重要ですが、一方で、メールを開く”人”のセキュリティ意識向上も対策として非常に有効です。本セッションでは、「知識のアセスメント・教育・強化・測定」というeラーニングのPDCAサイクルを適切に運用できるPSAT(Proofpoint Security Awareness Training)について、実際の画面操作を交えて分かり易くご紹介いたします。
15:25~15:35 テクマトリックス支援サービスのご紹介
テクマトリックス株式会社 ネットワークセキュリティ事業部
第3営業部 セキュリティプロダクツ営業1課 杉谷 祐也


当社では、本製品のご提案~導入後の運用・保守まで一貫してのご支援が可能です。本セッションでは各フェーズにおける当社支援サービスメニューについてご紹介致します。

※セミナーの内容は事前のお知らせ無く、変更する場合がございます。

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    第3営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

メールでのお問い合わせ
pfpt-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。