EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

【セキュリティ夏期講習】 国内シェアNo.1*次世代ファイアウォール最新活用術セミナー

~ スペシャリストが語る、サイバー攻撃対策で打つべき「次の一手」 ~

開催日

2017.07.19

カテゴリ

  • セキュリティ

  • ネットワーク

関連サービス/製品

本セミナーの受け付けは終了いたしました。誠にありがとうございます。

標的型のサイバー攻撃は増加の一途をたどっており、機密情報の漏洩やランサムウェアによる金銭の搾取などの被害が数多く報告されています。ネットワーク機器のセキュリティ検査をすり抜ける暗号化通信や、SaaSアプリケーション上での重要情報のやり取りも増えており、昨今のIT利用状況に則した新しいセキュリティのアプローチが必要とされています。
本セミナーでは、パロアルトネットワークス社の「次世代ファイアウォール」、エンドポイントプロテクション「Traps」、SaaSセキュリティ対策「Aperture」の最新情報をご紹介します。製品専任のスペシャリストが、いま本当に求められている包括的なセキュリティ対策について詳しく解説します。

* 富士キメラ総研 2016ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 ファイアウォール/UTMアプライアンス国内市場(金額ベース)
開催日程

2017年7月19日(水) 15:00~17:00 (受付開始14:30)

開催場所

テクマトリックス㈱セミナールーム [地図]
東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル
最寄り駅:京浜急行・都営浅草線「泉岳寺」駅より徒歩1分

関連製品

参加費

無料 / 事前登録制

定員 30名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※本セミナーは、法人様対象のセミナーとなっております。個人様からのお申込みは受け付けておりません。
 また、同業及び競合他社様からのお申込みはお断りします。
想定受講者 ・企業・官公庁・大学等の情報セキュリティ管理者・担当者の方
・サイバー攻撃対策、情報漏洩対策をご提案されているシステムインテグレータの方
主催 テクマトリックス株式会社

セミナー内容

15:00~15:05
開演のご挨拶
15:05~15:50 進化を続ける次世代ファイアウォール 最新機能と活用手法

本セッションでは、70以上の新機能が搭載された新OSを中心に、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールの最新の活用手法をご紹介します。フィッシングによる認証情報の盗難防止や、マシンラーニングによるマルウェアの静的解析、SSL通信の可視化と制御に加え、当社独自のクラウドサービスを活用したOffice 365通信の制御についても詳しくご案内します。さらに、新たにリリースされたハードウェア3機種を含めた製品ラインナップとサイジングのポイントについても解説します。

15:50~16:00
休憩
16:00~16:30
次世代エンドポイントセキュリティ「Traps」による未知の脅威対策

サイバーセキュリティの中でも昨今注目を集めているのが、エンドポイントのセキュリティ対策です。 本セッションでは、パロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティ「Traps」を徹底解説します。未知のマルウェアを数分で検出・ブロックする仕組みに加え、パターンマッチング型、振る舞い検知型、AIを活用したものなど、よく比較される競合製品との違いも交え詳しくご説明します。

16:30~16:50
SaaSアプリケーションセキュリティ対策「Aperture」の導入メリット

企業や個人でのSaaSの利用が加速し、ビジネスにおける利便性が向上する一方で、クラウド上に機密データを保存することによる偶発的な情報漏洩や、共有ファイルがマルウェアだった場合の急激な被害拡大など、新たなセキュリティリスクも生じています。 本セッションでは、パロアルトネットワークスがクラウドサービスとして提供するSaaSアプリケーションセキュリティ対策「Aperture」について、その仕組みと導入のメリットを分かりやすく解説します。

16:50~17:00
質疑応答

※セミナーの内容は事前のお知らせ無く、変更する場合がございます。

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    ネットワーク営業部
    ネットワークプロダクツ営業2課

    03-4405-7813

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。