EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

AIアンチウイルスCylancePROTECT®徹底解説セミナー

~ 検知比較デモ/導入プロセス/運用の勘所 ~

開催日

2017.08.09

カテゴリ

  • セキュリティ

関連サービス/製品

6月に開催されたInterop Tokyo 2017で、約3000人が目の当たりにしたAIアンチウイルスCylancePROTECTと既存アンチウイルスの検知比較デモ。
本セミナーでは、AI(人工知能)による機械学習技術で既知・未知マルウェアの防御率99.7%を誇る本製品を徹底解説します。Interop Tokyoのショートステージでは説明しきれなかった検知比較デモを改めてお見せすると共に、実際に製品を導入する際のプロセスや運用の勘所に至るまで、詳細にわたりご紹介します。
昨今のサイバーセキュリティのトレンドであるAIを活用したエンドポイントセキュリティの中で、最も注目を集めているといっても過言ではないCylancePROTECTを、詳細まで知ることができる数少ない機会となっております。
企業の情報セキュリティに関わる皆さまは、お誘い合わせの上、是非ご来場ください。
開催日程 ・2017年7月12日(水) 15:00~17:00 (受付開始14:30)
・2017年8月 9日(水) 15:00~17:00 (受付開始14:30)
 ※ 両日とも同じ内容のセミナーになります。
開催場所

テクマトリックス株式会社 東京本社セミナールーム [地図]
東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル
京浜急行・都営浅草線「泉岳寺」駅より徒歩1分

関連製品

参加費

無料 / 事前登録制

定員 30名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※本セミナーは、法人様対象のセミナーとなっております。個人様からのお申込みは受け付けておりません。
 また、同業及び競合他社様からのお申込みはお断りします。
15:00~15:05 開演のご挨拶
15:05~15:35 次世代アンチマルウェア CylancePROTECTのご紹介
テクマトリックス株式会社 ネットワークセキュリティ事業部 Cylance製品営業担当 平澤 喜海

標的型攻撃の中でもゼロディ攻撃などと呼ばれる新種のマルウェアは、従来型のアンチウイルス製品に検知されないために、難読化(Obfuscation)や回避(Evasion)の手法などを利用して、巧妙な攻撃を仕掛けてきます。 本セッションでは、従来型のアンチマルウェア製品では検知が困難なこれらの攻撃に対するCylancePROTECTのアプローチをご紹介します。

15:35~15:45
コーヒーブレイク
15:45~16:05
デモで実感!次世代アンチウイルスCylancePROTECTの有効性
テクマトリックス株式会社 ネットワークセキュリティ事業部 Cylance製品技術担当 中附 猛倫

シグネチャや振る舞いに頼る従来のアンチウイルス製品のマルウェア検出手法は、亜種やゼロデイマルウェアなどの攻撃の検知は難しく、殆ど意味を成しません。
本セッションでは、CylancePROTECTの特徴である高い検知能力についてご説明します。従来のアンチウイルス製品では通過してしまう実際のマルウェアを用いたデモンストレーションを交え、その有効性を体感いただきます。

16:05~16:45
CylancePROTECT導入までのプロセス、運用に関わる管理画面のご説明
テクマトリックス株式会社 ネットワークセキュリティ事業部 Cylance製品技術担当 福本 敏史

CylancePROTECTの導入までに至るプロセス(共同検証~PoC~導入支援)と、運用時のポイントを解説します。実際の管理画面をお見せしながら、テナント管理やホワイトリスト追加方法など、運用を具体的にイメージできる内容でご説明します。

16:45~17:00
質疑応答

※セミナーの内容は事前のお知らせ無く、変更する場合がございます。

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業2課

    03-4405-7869

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。