• HOME
  • イベント・セミナー
  • ​高度化が進む車載ソフトウェアにおいて「セキュアコーディング」にどう対応する?​ 三菱電機様が語る!MISRA、CERTコンプライアンス運用の秘訣

イベント・セミナー

  • 2021.07.16
    • オンラインセミナー

​高度化が進む車載ソフトウェアにおいて「セキュアコーディング」にどう対応する?​ 三菱電機様が語る!MISRA、CERTコンプライアンス運用の秘訣

車載ソフトウェア品質向上セミナー

—本セミナーは終了しました—


EV(電気自動車)、AD(自動運転)、IVI(車載インフォテインメント)といった技術の登場により、大きな変革期を迎えている自動車産業。車載機器に搭載されるソフトウェア規模は急速に増大し、ソフトウェアがより重要な役割を担うようになる中、ミッションクリティカルな車載ソフトウェアの安全性とセキュリティをいかに担保していくが大きな課題となっています。​​
​​
安全性とセキュリティを担保した車載ソフトウェア開発を行うためには、MISRA、CERT、AUTOSARといったコーディングガイドラインの遵守が必須になりつつありますが、これらを全て目視でチェックすることはもはや現実的な作業ではなく、また、準拠を説明するための文書作成にも多大な労力を必要とします。開発者の負担を軽減するためには、適切な検証ツールを選択し正しく開発工程に組み込むことが必要不可欠となります。​​
​​
そこで本セミナーでは、三菱電機株式会社様を特別講師にお招きし、自動車エンジンに関わるミッションクリティカルな車載ソフトウェア開発を行う三菱電機様が、どのようにしてセキュアコーティングを実現しているのか、検証ツールの選定からその運用に至るまでをご紹介いただきます。​​
​​
テクマトリックスからは、MISRA、CERT、AUTOSARなどのガイドラインのチェックから、準拠を説明するためのレポート生成など、ソフトウェア開発においてC++testがどのような箇所に寄与できるかをご紹介します。 ​​
ぜひ、お気軽にご参加ください。​ ​​

<こんな方におすすめです>​​
  • 車載ソフトウェア開発の品質確保に関心のある方​
  • MISRA、CERTのコーディング規約準拠を検討中の方​
  • セキュアコーディングの取り組み検討している方​
  • 静的解析、単体テストツールに関心がある方​
  • C++testの運用事例に関心がある方
※講演の詳細はこちら
※内容は、変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
開催概要

【車載ソフトウェア品質向上セミナー】
高度化が進む車載ソフトウェアにおいて「セキュアコーディング」にどう対応する?
三菱電機様が語る!MISRA、CERTコンプライアンス運用の秘訣

開催日程

2021年7月16日(金)10:30~12:00

開催場所

オンライン (利用システム:Zoom)

関連製品

参加費

無料

定員 100名(先着順)
※ご同業の方の参加はご遠慮いただいております。
申し込み方法 「参加申し込み」ボタンより、ご登録ください。
登録後の自動返信メールは行っておりません。後日、メールにてZoomのログインURLとセミナー受講受付NOをご連絡いたします。
参加方法 開催時刻になりましたら、受付完了メールにてお知らせしたURLにブラウザーで開いてください。
利用システム Zoom
主催 テクマトリックス株式会社
アジェンダ セッション1:
自動車パワートレイン制御ソフトウェア開発におけるセキュアコーディング対応
【講師】
三菱電機株式会社
姫路製作所 制御機器第一製造部 専任
鈴木晋介 氏

【概要】
車載制御システムではサーバーセキュリティへの要求が急速に高まっており、その一環でソフトウェア開発ではMISRA C:2012やCERT Cなどの規約に準拠したセキュアコーディングが求められるようになっています。
ここでは三菱電機のパワートレイン制御ソフトウェア開発で静的解析ツールとしてC++testを採用した経緯と、導入後の運用状況などについて事例としてご紹介します。

セッション2:
車載システム開発における「C++test」を活用した品質確保
【講師】
テクマトリックス株式会社
ソフトウェアエンジニアリング事業部 ソフトウェアエンジニアリング技術1課

【概要】
自動車の開発は、過去10年でソフトウェアのコード行数は150倍、開発を効率化しても工数は60倍に拡大していると言われています。ソフトウェアのコーディングにおいても、MISRAやCERT、AUTOSARといった求められるガイドラインも増えており、そのチェックだけでなく、準拠を証明するためのレポート生成にも多くの工数がかかります。
そこで、本セッションでは、静的解析・単体テストツール「C++test」を活用し、車載ソフトウェア開発に対して、C++testがどのような箇所に寄与できるかをご紹介します。

講師紹介

三菱電機株式会社
姫路製作所 制御機器第一製造部 専任
鈴木晋介 氏


1994年入社以来、プラットフォームからアプリケーションまで、一貫して車載パワートレイン制御ソフトウェアの開発に携わる。
現在は新規MCU適用の基盤ソフトウェア開発を中心に、パワートレイン以外も含むアプリケーション共通の技術開発・環境整備を推進。


静的解析ツール・単体テストツール C++test

MISRA、AUTOSAR、CERT、CWEなどのコーディング規約チェック、カバレッジの計測などさまざまな要件に対応

C++testは、静的解析(コーディング規約チェック/フロー解析)、単体テスト、カバレッジの計測、実行時メモリエラー検出、効率的な運用や規格順守を補助する機能などを搭載したC言語/C++言語対応のオールインワンテストツールです。
MISRA C/C++、AUTOSAR C++14コーディングガイドライン、CERT C/C++コーディングスタンダード、CWEなどで定められた規約に基づくコーディングの支援や、単体テストやアプリケーション実行時に自動的にカバレッジを計測するなど、さまざまな要件に対応し、ソフトウェアの品質向上とテスト工数の大幅削減をサポートします。

詳しくはこちら>>>

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp

お問い合わせ

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。