EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

「今求められる無線LAN構築セミナー」イベントにて出展・セミナー講演

開催日

2015.02.09

カテゴリ

  • セキュリティ

  • ネットワーク

関連サービス/製品

本イベントは好評のうちに終了いたしました。誠にありがとうございます。

2月9日(月)、東京・品川で開催される「今求められる無線LAN構築セミナー」に協賛します。イベントでは、Palo Alto Networksの次世代ファイアウォールの優れた防御機能をスマートデバイスやゲストネットワークにまで拡大する手法を、セミナー講演とブース展示を通じご紹介します。 
開催日程

2015年2月9日(月)

開催場所

東京コンファレンスセンター・品川(東京・品川) [地図]
最寄り駅: JR・京浜急行「品川」駅 港南口(東口)より徒歩2分 

関連製品

参加費

[無料 / 事前登録制]
※主催の株式会社ナノオプト・メディアのページにリンクします。 

主催 株式会社ナノオプト・メディア 

テクマトリックス セミナー概要

昨今利用シーンが広がるWebやモバイルデバイスを利用したアプリケーションのセキュリティ対策として 、リリース前の脆弱性検査は1つの有効な対策と言えます。中でも、ネイティブアプリの検査や開発段階でのセキュリティ診断のニーズは日々高まっています。

弊社では、昨年10月より国内初となる米国VERACODE社のセキュリティ バイナリコード静的解析サービスの取扱いを開始しました。
開発アプリケーションのバイナリコードをアップロードするだけでセキュリティ静的検査が実施可能となる本サービスは、導入時の準備作業や診断ソフトウェアのアップデートなどのメンテナンスが一切不要です。

本セミナーでは、クラウド型サービスのご紹介と合わせて、本サービスを開発プロセスに組み込むことで実現するセキュリティ静的検査の自動化プロセスを中心としたベストプラクティスについて、デモンストレーションを交え解説します。


日時/トラックNo. 2015年2月9日(月)17:00~17:40
トラックNo.TC-8
講演内容 【BYODからゲストネットワークまで、
次世代ファイアウォールですべて守る方法】


企業ネットワークの概念は拡大し、無線LANはもちろん社外やパブリッククラウドまでカバーするセキュリティが求められています。またデバイスも進化し、スマートフォンやタブレットで業務を行う場面も増えつつあります。 ネットワーク、デバイス、アプリケーションが進化するたびに個別のセキュリティ製品を導入するアプローチでは、費用と工数が増すだけでなく、各セキュリティソリューション間の不完全な連携により全体の防御力が弱くなってしまいます。
本セッションでは次世代ファイアウォールの優れた防御機能をスマートデバイスやゲストネットワークにまで拡大する手法をご紹介いたします。
講師 パロアルトネットワークス合同会社
システムズエンジニア 大友 信幸 氏

[セッション詳細・事前登録はこちら]
※主催の株式会社ナノオプト・メディアのページにリンクします。

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    マーケティングチーム

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。