EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

2021/4/19(月)~4/23(金)開催「Interop Tokyo 2021」オンライン出展

2021年4月19日(月)~2021年4月23日(金) にオンラインにて開催される「Interop Tokyo 2021」に出展します。

2021/4/19(月)~4/23(金)開催「Interop Tokyo 2021」オンライン出展

開催日程

Interop Tokyo 2021

2021年4月19日(月)~2021年4月23日(金)オンライン開催
●オンライン上・マイページにて実施
開催場所

オンライン開催

関連製品

参加費

無料 / 事前登録制

Interop Tokyo 2021より事前登録いただいたお客様は、無料となります。

主催 Interop Tokyo 実行委員会
注意事項 ※ イベント・展示内容等は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

セミナー概要

※ 本セミナーはオンライン会期(4/19〜23)にオンデマンド配信いたします。ご登録時に視聴するセッションの選択は不要ですが、ご視聴にはイベント登録が必要となります。
一度のご登録で、「Interop Tokyo 2021」で配信する、弊社のオンラインセミナーを全て視聴いただけます。

Appgate SDP

セミナー番号 ONC-12
テーマ ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA/SDP)を実現するAppgateSDPのご紹介
内容 AppgateSDPはゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA/SDP)を実現する製品で、CSASDPフレームワーク(True SDP)に準拠した製品です。
クラウド時代のセキュアなアプリケーションアクセスのための基盤としてAppgateSDPについて説明いたします。
製品の機能だけではなく、より具体的なAppgateSDPの構成イメージや費用感についてもご紹介しますので、是非ご視聴ください。
講演者 テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部 インテグレーションビジネス推進室 インテグレーション営業課
吉澤 崇

Forescout Platform

セミナー番号 ONA-13
テーマ 企業に眠る脅威を可視化 アセスメント実例から見るデバイスリスク
~Forescout Platformのご紹介~
内容 Forescoutは、IoTからクラウド、OTまで、企業につながるすべてのデバイスとそのリスクを、リアルタイムかつエージェントレスにて可視化するソリューションです。
今日の企業には、PC、IoTデバイス、在宅デバイス、サプライチェーンなど多種多様なデバイスが接続しており、それらのデバイスは企業へ潜在的なリスクをもたらしています。
そこで貴重な資産を守るための重要なファーストステップは、サイバーハイジーンを徹底し、企業ネットワークから管理されていない脆弱性を持ったデバイスを排除することです。
本セミナーでは、大手製造業のお客様で実施したPOCアセスメントの結果をベースに、デバイスリスクの実態をご紹介させていただきますので、是非ご視聴ください。
講演者 テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部 第1営業部 プラットフォーム営業課
檜原 樹

Veracode + tenable.io

セミナー番号 ONC-13
テーマ アプリケーション&ネットワーク脆弱性対策
~レイヤで異なる対策の考え方とトレンドに迫る~
内容 脆弱性対策を行う際、大きく分けて「アプリケーション」と「ネットワーク・プラットフォーム」の2層に分けて考えなければいけません。それぞれ脆弱性の考え方と発生の要因が異なっているためです。
本セミナーでは、年々増え続けている脆弱性関連情報の概況をお伝えし、アプリケーションセキュリティプラットフォーム「Veracode」とネットワーク・プラットフォーム脆弱性対策「Tenable.io」を紹介いたします。また、テクマトリックスが提供する支援サービスを提案いたします。
講演者 テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部 第3営業部 セキュリティプロダクツ営業2課 課長
大本 周作

Votiro Disarmer

セミナー番号 ONB-13
テーマ Votiro Disarmer VOTIROでゼロデイ攻撃すら阻止するセキュリティを手に入れる!
~ファイル無害化、Microsoft365やMenlo 、BOXとも連携~
内容 様々なファイルを独自のポジティブセレクション技術で「無害化」するソリューションです。
検知に頼らず、未知の脅威であっても削除・無効化され安全が確保されます。
脅威の有無を問わず、ファイルを分解し、マルウェアが付く要素や領域を交換・削除等行い、クリーンなファイルとして再構成します!
VOTIROの機能と事例についてもご紹介します。
是非ご視聴ください。

【こんな課題を解決します】
・未知のウイルスや定義ファイル更新タイムラグなど検知されない脅威の混入を完全に防ぎたい。
・ゼロデイ攻撃に対して有効な対策をしたい。
・Cloudサービスを安全に活用したい。
・インターネット分離環境を強化したい。
・Microsoft365標準のセキュリティを更に強化したい。
講演者 テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部 インテグレーションビジネス推進室・室長代理
押尾 力裕

テクマトリックス株式会社 / パロアルトネットワークス株式会社

※ 本セミナーはオンライン会期(4/19〜23)にオンデマンド配信いたします。ご登録時に視聴するセッションの選択は不要ですが、ご視聴にはイベント登録が必要となります。

セミナー番号 ONC-10
テーマ Palo Alto Networks社 Cortexで実現する社内ネットワーク可視化
内容 Palo Alto NetworksのCortexシリーズを用いることで社内にどのような脅威があるのか、セキュリティリスクがあるのかを把握できるようになります。
Cortexの製品説明とともに具体的な活用方法についてお話をさせて頂きます。
講演者 テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部 第2営業部 ネットワークプロダクツ営業2課
菅野 敬章
セミナー番号 ONA-11
テーマ Interop 2021 Prisma Accessセッション
~SASEによる最適なネットワーク環境の実現~
内容 Prisma Accessはパロアルトの次世代FWがクラウド上でSaaSサービスとして展開されており、次世代FWの機能が提供されるソリューションとなります。 新たなネットワークセキュリティの概念であるSASEを実現し、コロナ禍の影響で増えてきているテレワーク環境の課題解決を行うことが可能となります。
講演者 テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部 第2営業部 ネットワークプロダクツ営業2課
石川 留梨

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    マーケティングチーム

    03-4405-7860

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。