CASE STUDY 導入事例

デジタルアニメーション制作にEMCアイシロンを活用 I/O性能を約2倍、データ保存効率を約30%改善

お客様

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ様

カテゴリ

  • ネットワーク

関連サービス/製品

コメント:「最先端の映像制作を手がける当社にとって、アイシロンは他の製品には変え難い極めて重要なインフラとなっています。今後もこの優れたコンセプトのストレージを、末長く提供し続けていってもらいたいですね」

■課題

最先端の映像制作を支える高性能・高信頼ストレージ基盤を構築し、制作業務の効率化やITコストの最適化に貢献していくこと。

■成果

レンダリング/データ保存用ストレージをEMCアイシロンに統合。300名以上のクリエーターに快適な業務環境を提供すると同時に、約30%のデータ重複排除にも成功。

課題:デジタル映像制作用 ストレージの統合に着手

「誰もやっていないことを 圧倒的なクオリティで 世界に向けて発信していく」のミッション・ステートメントの下、数々のデジタル映像作品を世に送り出してきたポリゴン・ピクチュアズ。1983年設立の同社は、世界でも有数の歴史と実績を誇るデジタルアニメーションスタジオである。制作体制の充実度も群を抜いており、同社で活躍するクリエーターの数は300名以上と国内最大規模。2013年にはマレーシアに合弁会社を設立するなど、事業のグローバル化も意欲的に推進している。

作品のクオリティに対する評価も非常に高く、同社が米国で手がけた『スターウォーズ:クローンウォーズ』『トランスフォーマー プライム』などのTVアニメーション作品が第39~41回デイタイム・エミー賞を3年連続で受賞するなど、数多くのアワードも手にしている。2014年からは日本のTVアニメーション市場にも参入し、「シドニアの騎士」「亜人」などのヒット作を展開中だ。

最先端のデジタル映像を制作する企業だけに、同社では社内業務を支えるITインフラの整備・拡充にも積極的に取り組んでいる。「革新的な映像作品を生み出していく上では、最新テクノロジーの導入・活用が欠かせません。クリエーターが存分に力を発揮できるよう、常にインフラの改善に取り組んでいます」と語るのは、同社技術部門 執行役員 山森 徹氏。また、システム部 インフラグループ リーダー 横山 義則氏も「もう一つ重視しているのは、信頼性・可用性の確保です。もしシステムにトラブルが発生すると、現場業務にも深刻な影響が及んでしまいますから、我々IT部門としても安定稼動の維持に力を注いでいます」と続ける。

そうした取り組みの一環として数年前から実施されているのが、デジタルアニメーション制作用ストレージ基盤の集約・統合だ。山森氏は「当社では、これまで様々なストレージ製品を導入してきましたが、その中には障害で苦労した経験もありました。たとえばCGの描画処理を行うレンダリング作業の際に、高負荷に耐えられず書き込みエラーが出てしまう。すると、計算作業をまた一からやり直す必要があるため、それまでの時間がすべて無駄になってしまうのです。これではアーティストにも大変な迷惑を掛けてしまうため、より高い性能・信頼性を備えたストレージに集約していきたいと考えていました」と振り返る。

EMCisilon x200 ネットワーク図

ネットワーク図

解決のアプローチ:高い性能・信頼性を評価し EMC Isilon X200を導入

こうした課題を解決するための製品として活用されているのが、テクマトリックスが提供するEMCのスケールアウトNAS「EMC IsilonX200」である。

元々同社では以前よりアイシロン製品を制作業務に活用しており、その性能・信頼性を高く評価していた。それだけに既存ストレージの集約先を選定する際も、Isilon X200を選ぶことに迷いはなかったという。山森氏は「いろいろなストレージを利用してきましたが、信頼性を重視した製品を選んでいったら、自然とアイシロンに辿り着いたという感じですね。以前は複数のストレージをプロジェクトで利用していましたが、徐々に移行を開始して、現在はすべてのプロジェクトデータをアイシロンで運用しています」と説明する。

デジタル映像制作ではデータ容量増大への対応も重要なポイントとなるが、この点についてもアイシロンの優れたスケーラビリティが大きく貢献している。「TVシリーズを1クール・12~13話分作ると、概ね40~50TBくらいの容量になります。しかも複数作品を同時並行で制作するため、データ容量は日々刻々と増えていきます。しかしアイシロンはストレージ・ノードの増設も容易なので、容量拡張で困るようなことはありませんね」 と山森氏。今回導入されたIsilon X200も最初は8ノード構成だったが、その後テクマトリックスの支援を得て2回にわたる増設作業を行い、取材時点では14ノード構成・約350TBの実効容量が確保されていた。

「このように容量増設を行った際に、性能が落ちないのもアイシロンの良さですね。ストレージの多くはディスク部分のみを追加する形になるため、大量のアクセスが集中するとコントローラがボトルネックになることがあります。その点、アイシロンはノード増設によって性能もリニアに向上するため、常に安定的な制作環境を提供できます。ノード増設後にはデータのリバランス処理も行われているはずですが、その影響もほとんど感じられません」と横山氏は語る。

現在では、約140台のレンダリングサーバと400台以上のクライアントをIsilon X200に接続。重い負荷の掛かるレンダリング作業や、大量の作品データの保存に日々活用されている。「クライアントについては、indows端末をSMB、Mac/Linux端末をNFSで接続しているほか、データへのアクセス制御をActive Directoryで一括して行っています。このような柔軟な運用が行えるのも、アイシロンの良さですね」と横山氏は満足げに語る。

成果:圧縮・重複排除機能を活かし、 データ保管コストの最適化も実現

Isilon X200を導入したことで、同社の制作環境には様々な改善効果ももたらされている。「まず一点目はパフォーマンスです。SSDを搭載していることもあり、従来のアイシロン製品と比較しても格段に速い。従来のストレージと比べれば、2倍以上に性能がアップした印象です」と山森氏は語る。

懸案であった信頼性・可用性の向上も図れたとのこと。「作品には納期がありますので、障害などによって制作スケジュールに遅れが生じるようなことは避けたい。その点、Isilon X200は導入以来ほぼノートラブルで稼動していますので、大変助かっています」と山森氏は続ける。

もう一つ見逃せないのが、圧縮・重複排除機能の効果だ。「作品に修正や変更を加えた際には別バージョンのファイルとして保存しますが、データの実態としては同じ内容のものが多いため、ブロック単位で重複排除を行うアイシロンの機能が非常に有効に働いています。これにより総データ容量の約30%、およそ100TB程度を削減できています。重複排除率が高まれば、それだけ同一データへのアクセスも増えることになりますが、それが原因で性能が落ちるようなこともありません」と横山氏は語る。性能・信頼性の改善だけでなく、リソースの有効活用やデータ保管コストの最適化にもアイシロンが寄与しているのだ。

InsightIQやSnapshotIQをはじめとするアイシロンのアプリケーション・ソフトウェアも、ストレージ運用の効率化に威力を発揮。ストレージ利用状況の的確な把握や、データ保全/誤消去データの復旧など、様々な用途で活用されている。同社では以前データのデッドロックが発生したことがあったが、この時もInsightIQの情報を活用することで、速やかに問題を解決することができた。

「現在は異なるモデルの統合管理を実現する『SmartPools』の導入も検討しているところです。新しい作品のデータには頻繁にアクセスが発生しますが、制作が一段落した作品のデータはそれほどでもありません。そこで、SmartPoolsと、ニアラインモデルの『IsilonNLシリーズ』を組み合わせ、階層ストレージ化すればより柔軟なストレージ運用ができると思います。このように充実した機能が用意されているので、どんどんアイシロンから離れられなくなりますね」と横山氏は語る。

プロジェクトを支援したテクマトリックスのサービス・サポートにも、高い評価が寄せられている。「テクマトリックスはアイシロン製品に精通しており、エンジニアのスキルも非常に高い。おかげで今回も、期待通りの環境を実現できました。ぜひ今後も、当社に最適な提案をしてもらいたいですね」と山森氏。また横山氏も「我々の質問や問い合わせに素早く対応してもらえる点にも感謝しています。何か問題が生じた場合も親身に相談に乗ってもらえますので、安心して任せられます」と続ける。

なお近い将来には、マレーシアの制作拠点での導入なども視野に入っているとのこと。山森氏は「当社のグローバル展開を支える重要な基盤としても、アイシロンの活用を推進していきたいと思います」と展望を述べた。

EMC isilon 筐体

EMC isilon 筐体

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ

お客様担当者

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ 技術部門 執行役員

山森 徹 氏

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ テクノロジー部門 システム部 インフラグループ グループリーダー

横山 義則 氏

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    プラットフォーム営業部
    ストレージソリューション営業課

    03-4405-7816

  • HOME
  • 導入事例
  • デジタルアニメーション制作にEMCアイシロンを活用 I/O性能を約2倍、データ保存効率を約30%改善

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。