McAfee Threat Intelligence Exchange

リアルタイムの適応型脅威防御ソリューション

McAfee Threat Intelligence Exchange は、セキュリティ製品が脅威をピンポイントで特定できるフレームワークを提供し、統合された脅威対策システムとして機能します。これにより、セキュリティを強化し、標的型攻撃による感染を未然に防ぐことができます。

  • 標的型攻撃対策
McAfee Threat Intelligence Exchange (TIE) は、ファイアウォールやIPSなどのセキュリティ製品が分散して所有している脅威情報を集約することにより脅威データベースを統合します。
TIEはセキュリティ製品とシームレスに連携し、巧妙化する標的型攻撃への対策に寄与します。
グローバルと組織内 (ローカル) の脅威情報を統合して収集・共有・活用することにより、それぞれの組織に最適なセキュリティ対策を実現します。また、McAfee Advanced Threat Defense (ATD) や McAfee VirusScan Enterprise、McAfee SIEMなどの他のマカフィー製品とリアルタイムに連携し、これまで数日、数週間、数ヶ月単位で必要とされていた未知の脅威の検出から抑制までの時間を、わずか数ミリ秒単位に短縮することができます。高度な標的型攻撃の存在を瞬時に可視化し、企業・組織のセキュリティリスクの軽減に大きく貢献します。

McAfee Threat Intelligence Exchangeに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

  • テクマトリックス株式会社
    西日本支店

    ネットワークセキュリティ営業課

    06-6484-7486

メールでのお問い合わせ
mfe-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。