連携ソリューション

TaniumxPalo Alto Networks 連携で実現する高速なインシデント・レスポンス

Taniumは、パロアルトネットワークス社の脅威インテリジェンスクラウド「WildFire(TM)」と連携が可能です。
「WildFire」で悪意ある攻撃の痕跡情報を検知すると、その情報を元にTaniumが管理端末を一斉検索することで、攻撃を受けた端末を即座に認識して対処することが可能です。

Palo Aloto Networks x Tanium連携で実現する高速なインシデント・レスポンス

Tanium × RSA Archer 連携によるIT資産の脆弱性管理

他分野にまたがるリスク管理ソリューションを単一で構成可能な統合ソフトウェア プラットフォーム(RSA Archer)と連携することにより、現代に求められる高度なGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)対応を高速に行うことが可能になります。
セキュリティインシデントによる被害を最小限に食い止めるためには、攻撃検知後の初動対応に加えて、可能な限り迅速に影響範囲を把握できるかが重要となります。
Tanium と連携することで、数十万台規模のエンドポイントの情報を即座に取得し、Archerが備えるリポジトリに取り込むことが可能です。
Archerのリポジトリと連携することで、エンドポイントの情報と関連するビジネス情報が相互に関連付けられるため攻撃対象の特定から影響を受ける事業・業務、そして、その事業・業務に紐づくビジネス資産とIT資産の脆弱性までを、容易に特定することが可能となります。

Tanium x Splunk 連携によるリアルタイム可視化

あらゆるアプリケーション、サーバ、ネットワーク機器のデータを取り込み、システムの稼働状況、エラー検知、不正攻撃の兆候を即座に可視化できるSplunkと連携を行うことができます。
Taniumシステムの管理に置かれた端末から、ソフトウェア/ハードウェアの詳細情報を高速に収集し、Splunkに出力することで、システム全体の資産管理を高速に行うことができます。このようなシステム情報は常にリアルタイムで情報を取集するため、現況と乖離のない端末管理を行うことが可能となります。
また、セキュリティを強化することを目的に、システム全体のプロセス稼働状況、インストールされているアプリケーションの把握、使用している通信ポート、セキュリティ・パッチの適用状況などを専用のダッシュボードで確認することで、高度なセキュリティ・インシデントを行うことができます。

Tanium x Splunk連携によるリアルタイム可視化

Taniumに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業2課

    03-4405-7869

メールでのお問い合わせ
tanium-sales@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。