Apertureで実現するSaaSセキュリティ対策

SaaS アプリケーション普及の伴い、情報漏えいや法規制違反につながる新しいセキュリティリスクが生じています。Palo Alto NetworksのApertureを導入することで、既知および未知の脅威が許可されたSaaS アプリケーションを介して拡散するのを防ぎ、予期しない機密情報の漏えいを防止します。

SaaSアプリケーション上のデータ保護を実現

SaaSアプリケーション上のデータ保護を実現

Apertureは、許可されたSaaSアプリケーションに直接APIを介して接続しアプリケーション内のデータの分類、共有/許可の可視化、脅威検出を行います。

情報漏えい対策(コンテンツ検査アナリティクス、コンテキストによるデータ公開の制御、機械学習によるファイルの分類)、マルウェア対策(マルウェアの検出と除去)

  • コンテンツを検査して、データをリスクにさらす違反がないかをチェック
  • データリスクやコンプライアンス関連のポリシー違反があるかを迅速に判別
  • クレジットカード番号、SSH 鍵、ソースコードなど、機密データ文字列がないかドキュメントを検査
  • 許可されているSaaS アプリケーションを介した脅威の拡散を防止し、マルウェアの新しい侵入ポイントを防御

Apertureの具体的な防御フロー

●マルウェアの拡散防止 対象:実行ファイル(.EXE)

Apertureの具体的な防御フロー マルウェアの拡散防止 対象:実行ファイル(.EXE)

●予期しない機密情報の漏えい防止

予期しない機密情報の漏えい防止

Aperture導入時のポイント

  • 導入環境に依存しない---ネットワーク変更やプロキシの設定が不要
    新たにソフトウェアやハードウェアをインストールする必要もありません
  • ユーザーに依存しない---エージェントのインストールが不要
  • 遡れるポリシー---ポリシーを過去および将来のイベントに適用可能

Aperture 保護対象アプリケーション

Amazon S3、Amazon Web Services、Box、Confluence、Dropbox、GitHub、Google Drive、G Suite、Jive、Microsoft Exchange、Microsoft Office 365、Salesforce、Secure Data Space (SDS)、ServiceNow、Sharefile、Slack for Enterprise、Yammer

DOWNLOAD 資料ダウンロード

Palo Alto Networksに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    ネットワーク営業部
    ネットワークプロダクツ営業2課

    03-4405-7813

  • テクマトリックス株式会社
    西日本支店

    ネットワークセキュリティ営業課

    06-6484-7486

メールでのお問い合わせ
palo-sales@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。