EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

マイナンバー制度の施行で迫られる企業におけるセキュリティ対策セミナー

マイナンバー制度の施行で迫られる企業におけるセキュリティ対策セミナー

本セミナーは好評のうちに終了いたしました。誠にありがとうございます。

「社会保障・税番号制度」(マイナンバー制度)の施行に伴い、2015年10月に国民に対しマイナンバーが通知され、2016年1月にはいよいよ運用が始まります。このマイナンバー制度の運用開始に際して、情報管理やセキュリティ対策は実施されていますでしょうか?マイナンバー制度により、民間企業においても個人番号や特定個人情報の取り扱いについて情報漏洩に対する厳しい罰則が設けられているため、情報を取扱う環境の整備を行う必要があります。

本セミナーでは、マカフィー社の統合型セキュリティソリューションを活用し、セキュリティガイドラインに則ったよりセキュアでより効率的なマイナンバー制度への対応手順をご紹介します。 既に対策を実施済みの皆様もこれから実施される皆様も、是非セミナーにお越しいただき、マイナンバー制度に備えたネットワーク・セキュリティ環境の整備のご参考にしていただければ幸いです。

皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます。
開催日程

2015年6月19日(金) 15:30~17:30(15:00受付開始)

開催場所

マカフィー株式会社 西日本支店
セミナールーム [地図]
大阪府大阪市北区堂島2丁目2-2

関連製品

参加費

無料/事前登録制

定員 25名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※本セミナーは、法人様対象のセミナーとなっております。
 個人様からのお申込みは受け付けておりません。
 また、同業及び競合他社様からのお申込みはお断りします。
主催 マカフィー株式会社
共催 テクマトリックス株式会社

セミナー内容

  • ご挨拶
    テクマトリックス株式会社 大阪支店 ネットワークセキュリティ営業課
    山地 圭

  • マイナンバー制度において企業が行うべきセキュリティ対策
    マカフィー株式会社 セールスエンジニアリング本部

    情報漏洩対策には包括的な対策が必要になってきています。ましてや、マイナンバー制度導入後に行うべきセキュリティ対策は、企業にとってより大きな課題となります。包括的な情報漏えい対策を行うには、技術的対策だけでは限界があり、予防と検知も合わせ情報漏洩を抑止して行かなければなりません。
    本セッションでは、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」から考えるマカフィーのセキュリティ対策(発見的コントロールの必要性)をご紹介します。

  • マカフィーソリューションを活用した不正アクセス防止対策について
    テクマトリックス株式会社 大阪支店 ネットワークセキュリティ技術課
    山内 崇嗣

    マイナンバー制度の対応に取り組む上で、個人番号に対する不正アクセス対策は必須となります。昨今、標的型攻撃による不正アクセスの被害が増えていますが、中でも特にメールを用いた攻撃手法が増えています。その手口が巧妙化しているため、それがサイバー攻撃か否かを見極めることが困難になっています。
    本セッションでは、マカフィーのセキュリティソリューションを用いた不正アクセス防止対策の手法について幅広くご紹介します。

  • テクマトリックスのセキュリティへの取り組み
    (セキュリティ監視サービス ∴ TRINITY<トリニティ>)のご紹介

  • まとめ・質疑応答

※セミナーの内容は、事前のお知らせ無く変更する場合がございます。

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    マーケティングチーム

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。