EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

<資料DL受付中>国内最大級の情報セキュリティカンファレンス「FOCUS JAPAN 2016」にてセミナー講演・ブース出展します

開催日

2016.11.10

カテゴリ

  • セキュリティ

  • ネットワーク

関連サービス/製品

本イベントは好評のうちに終了いたしました。誠にありがとうございます。

2016年11月10日(木)に、ザ・プリンスパークタワー東京で開催される国内最大級の情報セキュリティカンファレンス「FOCUS JAPAN 2016」にて、セミナー講演・ブース出展を行います。
開催日程

2016年11月10日(木) 10:00~ 19:00(9:30受付開始)

開催場所

ザ・プリンスパークタワー東京 [地図]
東京都港区芝公園4-8-1

関連製品

参加費

無料
「FOCUS JAPAN 2016」詳細・お申し込み

※登録お申し込みはFOCUS JAPAN 2016のサイトにて承ります。
※登録時の「認知経路」欄にて「スポンサー・パートナー企業>スポンサー企業からのお知らせ」にて「テクマトリックス株式会社」をご選択ください。

主催 インテル セキュリティ (マカフィー株式会社)

テクマトリックス セミナー講演・ブース出展概要

会場/時間 セッション:C-3 / 16:30~17:10
セミナー講演概要 ランサムウェア・標的型攻撃対策の全自動化への道のり
テクマトリックス株式会社
セキュリティ営業部 セキュリティプロダクツ営業課 アカウント・マネジャー
平澤 喜海 ジュリオ

1秒間に6種類に新種マルウェアが検出される現状では、IT管理者の負担が増大するばかりです。また、ゲートウェイ、サーバー、エンドポイントとレイヤー毎に異なる対策を実施している場合、セキュリティポリシーの不整合が発生するだけではなく、属人的な運用から発生するインシデント対応の品質やスピードも課題となります。
当セッションでは、ゼロディ・マルウェア対策を場当たり的な対応から、検知から対策まで自動化するソリューションをご紹介します。セキュリティ専任の人材が不足している現状に於いて、今すぐ実現可能なアプローチをご説明します。

ブース出展概要 ゲートウェイからエンドポイントまで包括的に防御するソリューションを展示します。
McAfeeの適応型脅威防御ソリューション "Threat Intelligence Exchange"と、今年8月にMcAfee Endpoint Security 10.2で追加されたアプリケーションの動的隔離機能(Dynamic Application Containment: DAC)による、未知のランサムウェアの封じ込め・駆除をご紹介します。さらに、エンドポイントで高度な脅威を阻止する検出対応ツール"McAfee Active Response"による潜在脅威の検出と復旧を自動化する仕組みを、デモを交え展示します。

※出展内容は都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※登録お申し込みはFOCUS JAPAN 2016のサイトにて承ります。
※登録時の「認知経路」欄にて「スポンサー・パートナー企業>スポンサー企業からのお知らせ」にて「テクマトリックス株式会社」をご選択ください。

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業課

    03-4405-7814

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。