フェンシングの種類

 

《エペ》長さ110cm以下(剣身90cm以下)、重さ770g以下の剣を使用

エペの剣は、伝統的な決闘用の武器に最も近い剣である。エペは長くてまっすぐで比較的重い剣であり、三角形で曲がりにくいブレードと大きくて丸いお椀型のガードが付いている。剣先にはポイントが付いており、フルーレと同様、エペも突きのみの武器である。現在は電気剣で有効な突きを得るためには、7.50N以上の力を剣先に加えなければならない。有効面は頭からつま先までの全身で、これは「相手の血を流せば勝ち」という決闘そのもののルールを受け継いでいるからである。この競技には攻撃権がなく、とにかく先に突いたほうが勝ちとなり、同時に突いた場合、両者にポイントが入る。相手が突きだした腕を狙ったり、意表をついてつま先を狙ったり、思い切って接近戦に持ち込んだりと、スピーディーで変化に富んだ試合展開が見どころである。


《サーブル》長さ105cm以下(剣身88cm以下)、重さ500g以下の剣を使用

現在のサーブルの剣は、騎兵隊が用いていたサーベルよりはるかに軽い。サーブルはフルーレやエペとは違って、斬りも有効。現在の電気審判機を用いた試合では、相手の有効面(頭部、胴体、腕)を剣先か剣身、あるいは刃の部分で触れればよい。有効面は腰より上の上半身全てである。騎兵隊の剣技から派生した種目のため、馬を傷つける下半身は無効面となる。フルーレと同じく「攻撃権」ルールが適用される。(前述のフルーレを参照) 攻撃方法に「斬り」が加わり、よりダイナミックな攻防戦が見どころである。


《フルーレ》長さ110cm以下(剣身90cm以下)、重さ500g以下の剣を使用

フルーレの剣は柔軟な四角いブレード(剣針)をもつ軽い剣で、剣先にポイントが付いており、突きだけが得点となる。現在は電気剣が使用されており、剣先のポイントに最低5.00N(おおよそ500グラム)以上の力を加えなければ、得点にならない。有効面については、エペ、サーブルと比較すると狭い。これはフェンシングの練習に制限のある防具を使用していた頃の名残である。当時は顔面を突くことは危険であったため、頭部は有効面からは除外されていた。その後有効面はさらに限定されることになり、命が存在すると考えられる胴体のみが有効面となった。フルーレには先に攻撃したほうが優先権を持つという「攻撃権」という権利がある。「攻撃権」がない方は、相手の剣を払ったり叩いたりして剣先を逸らせたり、間合いを切って逃げ切るなどの防御をしなければなりません。防御が成功すると「攻撃権」を得て反撃することができる。「攻撃権」がない状態で、相手の有効面を突いても、得点とはならない。このように、攻撃→防御→反撃→防御…という技のやり取りが目まぐるしく行われるところが見どころである。